スポンサーリンク

田砂からソイルに変更した水槽

田砂とソイルを敷き分けて、約11ヶ月立った60cm水槽です。

他の水槽にコリドラスを移動させた後から田砂を掻き回す生体がいなくなった為に、田砂にもコケが生えてしまたりと調子が悪いので今回、気分転換を兼ねて田砂の部分をソイルに変更してみました。

 

スポンサーリンク

田砂からソイルへ交換する60cm水槽

現状の田砂

田砂

田砂の上に糞などが堆積して、田砂表面が1週間で汚くなってしまっています。

コリドラスなどがいた頃は、こんなに汚れている事はなかったです。コリドラス達が田砂を掻き回してくれていたのでしょう。

 

田砂を水槽から吸い出す

吸い出す方法は、過去記事の化粧砂とソイルの敷き分けレイアウト~化粧砂に転がったソイルを取り出す方法で書いている様にプロホースのホース部分を使って田砂だけ吸出します。

田砂吸出し

田砂を吸い出したバケツです。かなり汚いです。

 

田砂を吸い出した後の水槽

田砂を吸い出した水槽

田砂を吸い出した後の水槽です。溶岩石を組んでいるのでその下に少し田砂が残っていますが、溶岩石が崩れたら困るのでこれ位でいいです。

フネアマ貝がガラス面に張り付いていますが、無視してこの状態の水槽にソイルを入れていきます。

 

入れるソイル

吸着系のプラチナソイルを投入します。

一番の理由は、この状態で投入しても濁りなどがすぐに取れてくれるからです。アマゾニアとか使ったらとんでもない事になるのが目に見えていますから。

 

ソイルを投入するのに用意する物

水槽にソイル投入するのに用意する物

プラケースとロート、そして、色々な使い方が出来るプロホースの筒の部分。

プラケースにはソイルを2.5L分入れてあります。

 

水槽にソイルを投入する

ソイルを水槽に投入する

こんな感じでプロホースの筒とロートを組み合わせて、あとはプラケースに入れたソイルを少しづつ入れていきます。

流石にソイルを入れる時は両手が塞がっていて写真を撮る事が出来ませんでしたw

 

この方法だと、上手くソイルを入れたい所にピンポイントで投入する事が出来ます。

今回はそこまで考えなくても結構適当に投入していきました。

 

ソイルを入れ終わった水槽

ソイルを入れ終わった水槽

かなり水が濁っています。そして、リリィパイプがかなり汚いですw

後は、三角定規などでもいいし、スクレーパーなどでソイル部分を慣らしていきます。

その前に、ピンセットや割り箸などでソイルに挿して、空気を抜いていた方がいいです。結構、細かい泡が出てきます。

 

空気を出す理由は、水草を植える時に空気が浮力となって植えた水草が浮いてしまうのを防ぐ為です。

あとは、新水を入れてエアレーションをして水槽の濁りが取れれば完成です。

 

前景に植える水草

ニューラージパールグラス

もうニューラージパールグラスしかないでしょうw

今30cm水槽で苔にまみれて成長が遅くなったこの水草の成長を促すのが目的です。完全にリベンジですw

30cm水槽の記事一覧

 

後でもう少し30cm水槽からこの水槽に移してくる予定です。

CO2を直添方式で添加しているので成長してくれるでしょう。

 

まとめ

田砂とソイルを入れ替えた水槽

田砂からソイルに入れ替えて、水槽の印象が少し変わりました。

ニューラージパールグラスをもう少し植栽して、田砂部分だった所がニューラージパールグラスの緑に変わったら印象が全然変わってくるのでしょう。

しかし、この水槽5月にリセットをする予定なので、約1ヶ月でどれ位ニューラージパールグラスが成長してくれるかですね。

 

まあ、この水槽今では実験&水草ストック水槽化していますのでw

 

それでわノシ

 

 

スポンサーリンク