スポンサーリンク

ルノアール600

枠有り水槽・オールガラス水槽・アクリル水槽など水槽にも色々な種類があります。

その中でもオールガラス水槽は、全てガラスで作られた水槽で箱型だったり、水槽のコーナー部分がR型だったりとさらに種類があります。

その中で、リビングなどに置いたら間違いなくお洒落に見える水槽、アクアシステム社から販売されているルノアール600を紹介します。

 

スポンサーリンク

ルノアール600

水槽の仕様

水槽全体サイズ 横640mm×奥最大320mm×高410mm

ガラス厚6mm

水槽サイズ

(ガラス台座を含めず)

横600mm×奥最大300mm×高400mm
底部ガラス台座 横640mm×奥最大320mm
水量 約61L(前面ガラス部分がラウンドしているので水量が計算水量より少なくなります)
付属品 ガラスフタ、フタ受け、水槽保護マット

 

水槽の特徴

ルノアール600 水槽

他メーカより販売されているオールガラス水槽の前面コーナーをR型にした水槽は色々とありますが、このルノアール600は、コーナーがRになっているだけでは無く前面ガラスも曲線を描いてお洒落な作りになっています。

普通のオールガラス水槽とこのルノアール600を水槽自体を目に触れる事が無い人に見せるとルノアール600に興味を魅せてくれます。

普通水槽といったら、四角形の水槽を殆どの人はイメージしたりしているので水槽前面コーナーから曲線を描いた水槽はなかなか目にする機会が少ないのでその様な人達には面白く見えるのでしょう。

 

自分もこのルノアールを購入した理由は、ぱっと見た瞬間「お洒落な水槽だな」と思ったからで、普通のオールガラス水槽よりこちらの方がリビングに置いてもインテリア性としては上ではないかと思います。

また、ルノアール自体他にサイズが複数用意されているので水槽を置くスペースによって好みのサイズを選べます。

 

ルノアールのラインナップ

と、6種類のサイズが用意されています。

置く場所や用途によって水槽サイズ選べるのも特徴の一つです。

 

注意して欲しい所

ルノアール600 水槽

通常の規格水槽より、ガラス台座の部分が大きいため規格水槽用の水槽台だと横に20mmずつまた、前面部分で10~20mm程はみ出してしまいます。

もし、この水槽を置くなら若干大きめの水槽台を用意するか、スペースを確保しないといけないでしょう。

 

また、前面ガラス面がコーナー部分から曲線を描いているのでコケ取りをする際に前面部分にスクレーパーなどを使うことが出来ないです。メラミンスポンジなどで前面ガラス部分は手入れをするしかないでしょう。

 

あと、ADAのガラス水槽に比べるとですが、ガラス接合部分のシリコンが厚めです。ただし、シリコンが見えるのは底面台座との繋ぎ目と背面ガラスとの繋ぎ目なので前面から水槽を眺めた時はそこまで目立たないです。

あとは、写真を撮る際にコーナー部分にいる熱帯魚等が大きく見えてしまう事でしょうかw

 

まとめ

リビングに置いてもお洒落なインテリアとして置ける水槽のルノアール600。

知り合いなどが遊びに来た時などは、この水槽を眺めている事が多くそして、「この水槽高そうだね」と言われる事が多かったです。

また、家族の評判も良かったです。(ガラスの透明度などよりもガラス水槽の見た目が気に入っているw)

お洒落な水槽を探している方は、ルノアール600も候補の一つにしてみてはいかがでしょうか。

 

ルノアール600

参考価格 円(税込)7,290
ルノアール600
7.4

見た目

9/10

    ガラスの透明度

    7/10

      シリコンの厚み

      6/10

        ガラス厚

        8/10

          メンテナンス性

          7/10

            良い点

            • 前面ガラスがラウンドしていてお洒落
            • 60規格水槽より高さがある
            • ガラス台座があるので高級感がある
            • インテリア性がある

            悪い点

            • サイズに合う水槽台を用意しないといけない
            • 前面ガラスを掃除する時にスクレーパーが使えない
            • シリコンに厚みがある
            スポンサーリンク