スポンサーリンク

陰性水草水槽

こんばんは、ブラックコーヒー(@blackcoffee55)です。

田砂とソイルを敷き分けた陰性水草水槽の76日目です。

最近ブログのコメントでミクロソリウムのブツブツの発生原因について情報を頂いたのでその対策をしてみました。

前回 → トリミングしまくった60cm陰性水草水槽 62日目

 

スポンサーリンク

60cm陰性水草水槽の状態

陰性水草水槽

写真がぼけていますw

ミクロソリウムにまだブツブツが付いた葉があります。流木にも色々な藻がグラデーションのごとく生えています。黒髭、緑藻、アオミドロ、藍藻?が流木の枝の部分にある意味芸術的に生えています。

ここまで、1本の枝の部分に生えているのは見た事がありませんw

これは、前回の記事に載せた写真です。

流木に苔

そして、これが今回は、

流木に付いた藻

こんなに醜い事になってます。

 

他の枝の部分も

流木に付着した苔

LED照明の光が直接当たる部分はこの様な状態になっています。

しかし、コリドラス・ピグミー達がこれを良く突いて付着している物を食べているみたいなので、一時この状態にしておこうかと思っていますw

 

ガラス面には、薄っすらと緑藻が出ていますが、それはフネアマ貝が食べてくれているのでそこまで目立ちません。

フネアマ貝についての記事 → 苔取り貝 フネアマ貝

 

また、ソイルと田砂を敷き分けたのですが、ソイル止めに使っている溶岩石を前回メンテをした時に動かしてしまったらしくソイルがかなり田砂の所に漏れてきていました。

失敗しましたw

とりあえず、田砂にこぼれたソイルは、プロホースを使って(化粧砂とソイルの敷き分けレイアウト~化粧砂に転がったソイルを取り出す方法)吸い出しました。

 

ミクロソリウムのブツブツ対策

前回の記事のコメントで、

「あのブツブツは水流・水質が大きく関わってくるそうです。止水域があるとやはり出来るみたいです。
感染するように見えますがただ そこの部分も止水域なだけで ブツブツの部分を切除すれば(茎の部分の場合)また綺麗に生えてくるそうです。
実際いろいろ調べたところ 葉を全て切除したら直った、と言うのが良い例だと思います(通水性が良くなった)
ショップの水槽にもミクロが密集してくるとブツブツがでるそうです。」

と、貴重な情報を教えてもらいました。本当にありがとうございます。

 

ブログやってて良かった~って瞬間です。

また、ツイッターで

「CO2添加をして少しでも早く綺麗に成長させてあげるといい」

という情報も教えてもらったのでその二つでミクロソリウムのブツブツ対策をしてみます。

 

通水性を良くする

バイオレットグラス

今迄、黒髭苔の対策で水流を弱めるためにADAのポピーグラスを排水側に使っていましたが、これが一つミクロソリウムの根や茎の部分などに止水域を作っていたのかもしれません。

そこで、今回はポピーグラスからバイオレットグラスに排水パイプを変えてみます。

そして、水流がミクロソリウムの密集している部分に届くように位置を調整してみました。

 

成長を早くさせる

発酵式CO2をきちんと作り直して、添加させ始めました。

CO2を添加している水槽だと綺麗に育っていたので、成長を早めるためにCO2をきちんと添加させてみます。

本当は、レギュレーターなどを使って添加した方がいいのでしょうが、とりあえずこれで様子を見てみます。

 

 ブツブツの着いた葉をカットする

今回、相当見まくってブツブツが着いている葉を全部カットしました。一枚一枚見ていったのでこれでブツブツの着いたミクロソリウムの葉な無くなりました。

 

まとめ

メンテ完了した陰性水草水槽

最近大分暑くなってきたので、ヒーターを外そうかと思いましたが夜に若干気温が下がるのであと少しの間活躍してもらいます。

田砂に漏れたソイルも吸い出して、バイオレットグラスも綺麗に掃除して見た目が良くなりました。

あとは、今回行ったミクロソリウムのブツブツ病対策が効いてくれるといいのですが。

通水性を良くする為に水流を当てているので黒髭が付着しそうですが、そこは水換えなどで対処していくしかないでしょうw

 

それでわノシ

 

スポンサーリンク