スポンサーリンク

ロタラ・ロトンディフォリア

普通に熱帯魚などを飼育していた環境から水草水槽を始めようとすると、CO2添加の器具や光量を増やすために照明器具の追加など設備投資のコストが掛かる事があります。

しかし、このロタラ・ロトンディフォリアは初心者向けの水草と言われるとおり照明・CO2添加・底床を余り気にせず簡単に育成出来る水草入門種です。

そんな、ロタラ・ロトンディフォリアを紹介します。

 

スポンサーリンク

水草名 ロタラ・ロトンディフォリア

学名 Rotala rtundifolia

 

水草育成データ

PH 弱酸性~中性
硬度 軟水~中硬水
水温 20~28℃
育成光量 蛍光灯2灯~ ★★☆☆☆
CO2(二酸化炭素)添加 添加しなくても育つ ★★☆☆☆
育成難易度 簡単 ★★☆☆☆
成長速度 早い ★★★★☆
草姿 有茎草

あくまでも、育成するだけの条件です。

 

特徴

rotala_rotundifolia2

通常、水草を育成する環境であれば二酸化炭素を添加する事が前提になってきます。しかし、本種は二酸化炭素を添加しなくても育成でき、また、光量自体も60cm水槽で蛍光灯2灯程度の光量でも育成出来る水草入門種です。

また、水草育成をするなら底床はソイルの場合が多いですが、本種の場合は底床に大磯砂などの砂利系でも育成出来る種です。もちろん、イニシャルスティックなどの肥料を埋め込む事が前提になりますがそれでも水質などにもうるさく無く育成出来ます。

 

また、非常に早い成長を見せます。同じ、ロタラ系の水草を植えた場合には、このロタラ・ロトンディフォリアが一番早く成長し先にトリミングする事になるでしょう。その点からトリミング方法を覚える意味でも初心者向けの水草になるのではないでしょうか。

ただし、光量を抑え、二酸化炭素無添加の環境ではその容姿自体は小ぶりな状態になります。

 

そこで、光量増加・二酸化炭素の添加を行った場合は、葉も大きくまた、赤く色付き綺麗な印象の水草になります。

また、成長もとても早くなりトリミングを何度も行うなど少し手間が掛かるかもしれません。

成長の早さを生かして、スターティングプランツとして用いるのもいいでしょう。立ち上げ直後の水槽内の余分な栄養を吸収させる意味で植栽してみるのもいいでしょう。

 

また、トリミングに非常に強くピンチカットした後、差し戻してあげればすぐにすぐに増えてくれるのでロタラ・ロトンディフォリアの群生を作るのも簡単に出来ます。

 

レイアウト

ロタラ・ロトンディフォリアの群生

CO2を添加して光量を若干強くし肥料をしっかり与えてあげれば、写真のような群生を作る事が出来るでしょう。

ロタラ系の水草の中でも成長が早いロタラ・インディカよりもさらに成長が早いのでレイアウトで用いるなら後景に用いるしかないでしょう。

ただし、写真のようにロタラ・ロトンディフォリアだけでの群生を作るなら植栽する場所を余り気にしないでもいいでしょう。

 

何はともあれ、成長の非常に早い水草で他の種類の水草と混在する場合には、その成長速度に注意してレイアウトした方がいいでしょう。

また、照明の光の方向に伸びていきますので水槽のサイド側に光が当たりにくい場合は、斜め方向に向かって成長していくので照明の光がどの様に当たるかだけは注意した方がいいです。

 

コメント

icon
icon
↑画像クリックでチャームの販売ページに飛びます。

比較的低光量・二酸化炭素無添加でも育成出来るロタラ・ロトンディフォリア。

水槽立ち上げ時のスターティングプランツとして用いたり、トリミング技術を磨いたりと水草入門種として活躍してくれる種です。

また、通常の水草育成環境なら赤く色付きとても綺麗な印象を与えてくれるでしょう。

 

成長速度が早い点、また、光に向かって育つ点に注意してレイアウトして下さい。

 

それでわノシ

スポンサーリンク