スポンサーリンク

コリドラス・パンダ

コリドラスの中でも、1番人気に上がる程人気の種です。コロコロとした体系に特徴である黒いアイバンド、そして、コリドラス独特の砂の中に頭を突っ込んで、エラから砂をだしながら餌を食べる姿が何ともいえないコリドラス・パンダ。

他のコリドラス類よりも女性受けも良く、コリドラス界のアイドルといってもいいほどの存在です。

 

そんな、コリドラス・パンダを紹介します。

 

スポンサーリンク

コリドラス・パンダ

学名

Corydoras panda

通称

コリドラス・パンダ

 

大きさ

最大約5cm程度です。

 

好みの水質

水温 20~27℃

pH 弱酸性~中性

硬度 軟水~中硬水

 

弱酸性の軟水環境で飼い込むと状態良く成長してくれます。

また、本種は水質の変化に弱い面がありますので、新しく導入するさいはしっかりと水合わせを行って下さい。

水温・水質の急変で一気にダメージを受ける事もありますので、その点は十分に注意して下さい。水槽の環境に慣れるまでしっかり注意して飼育して下さい。

 

遊泳・群泳性

同種間でよく群れて泳いでいます。また、他のコリドラスとも群れて泳いでいます。

水流があるところだと、何匹も連なって上下に泳いだりします。

その行動を見ていると全然飽きません。

 

性格

とても穏和な種です。他魚に対して攻撃したりする事もありません。

また、コリドラス同士でも仲良く飼育環境化で生活します。

 

寿命

大体5~7年位みたいです。

 

人工飼料や冷凍赤虫などなんでも、底に落ちている物を突いて食べています。

底に落ちている餌しか食べませんので、沈下性の餌などを与えて下さい。

コリドラス向けの餌も販売されていますので、それを与えてあげるといいでしょう。

 

混泳について

コリドラス・パンダの群泳

非常に穏和な種なので、色々な種と混泳する事は可能です。

しかし、餌を底まで食べにくる熱帯魚等との混泳には注意が必要です。

もし、そのような熱帯魚と混泳するならコリドラス・パンダに餌が満遍なく行き渡るよう工夫する必要があるでしょう。

 

また、極端にサイズの違う種との混泳も注意した方がいいでしょう。

ストレスに弱い面があるので、極端にサイズの違う種の存在がストレスになり病気を発症する場合があるかもしれません。

 

コリドラス・パンダを飼育する上での注意点

コリドラス・パンダに向いた底床

コリドラス全般にいえることですが、底床に落ちている餌を食べる種です。

その餌を探す行動として、顔を底床に突っ込んで餌を食べようとします。そこで、角のある石等が口髭を痛めたり、また、汚れた底床が口髭を溶かしたりします。

角のない砂等が向いています。

田砂・ボトムサンド等の粒の細かい砂がコリドラス類全般を飼う上で向いている底床になります。

 

コリドラス・パンダの病気

コリドラス・パンダは、水質の変化に弱い面があります。新しく水槽導入時には特に注意して下さい。

また、底床が極端に汚れた環境だと、エロモナス病やカラムナリス病などを発症してしまいます。

底床を綺麗に維持する事が病気を発症させない方法です。

 

まとめ

icon
icon
↑画像をクリックしたらチャームの販売ページになります。

ストレスに弱い面があるので、なるべくストレスをかけないように飼育するのがポイントになります。

水質の急激な変化に注意して、弱酸性の軟水環境でしっかり底床を掃除して飼えばその可愛い仕草で飼い主を楽しませてくれます。

また、繁殖も十分狙える種なのでコリドラス・パンダの繁殖もいいでしょう。

 

それでわノシ

スポンサーリンク