スポンサーリンク

オトシンクルス

水槽立ち上げ初期に発生する珪藻を食べてくれる熱帯魚としてアクアリストの間では有名なオトシンクルス。水槽ガラス面に貼り付いては一生懸命、藻を舐めている姿には愛着が沸いてきます。

しかし、以外にも臆病なところもありまた、餌であるコケ(主に珪藻)を食べつくすと他に餌が無い場合餓死させてしまう場合もあるでしょう。

そんな事にならないよう、餌付けが必要になってくる場合があります。

 

そんな、オトシンクルスを紹介します。

 

スポンサーリンク

オトシンクルス

学名

Otocinclus vittatus
Otocinclus vestitus
Otocinclus affinis

 

通称

オトシンクルス。

一般的に販売されているオトシンクルスは、オトシンクルス・ヴィッタートゥス、オトシンクルス・ヴェスティートゥス、オトシンクルス・アフィニスをまとめてオトシンクルスとして販売しています。

実際の種類の見分け方は、尾筒にあるスポットの大きさや数で見分けるみたいです。

 

大きさ

雄の方が最大約4cm程度、雌の方が最大約5cm程度になります。

雌の方はお腹がふっくらと大きくなります。

 

好みの水質

水温 20~28℃

pH 弱酸性~中性

硬度 軟水~中硬水

 

通常の熱帯魚が25℃前後の水温を好みますが、オトシンクルスの場合若干低めの22~23℃程度を好みます。

しかし、ある程度の温度には適応があるのでそこまで神経質になる必要はないでしょう。

きちんと、ろ過の利いた水槽環境であれば丈夫な種になります。

 

遊泳・群泳性

同種とあまり群れて泳ぐ等する事はありません。

暗い状態から明るい状態に急に変化した時などは、水槽内をあちこちに忙しなく動きまくる事はあります。

 

性格

温和な種です。

他魚に対して攻撃したりする事はありません。

 

寿命

大体3~5年位みたいです。

 

オトシンクルス

水槽内に発生した、茶ゴケ(珪藻)を好んで舐めとります。

そのため、水槽立ち上げ初期に発生する珪藻の対策として水槽内に導入される事が多い種です。

コケ取り能力は、他の種のオトシン(オトシン・ネグロ等)に比べると劣ります。

 

オトシンクルスは死亡する原因に餓死があります。

水槽内のコケを食べるのですが、緑藻・黒髭などのコケ類は食べませんので餌が必然的に不足する事が多いです。

そのさいは、

コリドラス用の餌を与えて餌付けばこの餌だけでも十分です。

また、冷凍赤虫も食べます。

 

草食性の強い雑食の種になるので、元気に成長させるためには水槽内で発生するコケだけでは無く、他の餌をしっかり与える必要がある事を覚えていて下さい。

水槽内に流木等があればそれに噛り付いて、餌を与える量を減らす事も可能です。

 

ガラス面に張り付く事が多いので、そのさいにお腹の状態を見て餌が足りているかを判断出来ます。

お腹の部分がへこんでいる状態なら早急に餌を与えて体力を回復させないと、早々餓死する場合が多いです。

 

混泳について

コリドラス・ピグミー

捕食される様な大きさの種とではなければ、とても温和な種なので混泳は十分可能です。

60cm水槽に導入するなら餌の問題もあるので、2~3匹程度で十分ではないでしょうか。

コケが多いからといって多めに入れ過ぎると、そのコケが無くなったあとしっかり餌付けをしてあげないと食べる物が無くなり餓死してしまいます。

 

まとめ

iconicon
↑画像をクリックするとチャームの販売ページにいきます。

水槽内に発生する珪藻を食べてくれるオトシンクルス。

ちょこちょこ動き回っては、ガラス面や水草の葉などについた藻を食べてくれる働き者。水槽内のコケ(珪藻類)だけでは餌が足らなくなってしまう事が多いので、しっかり別の餌を与えるようにして下さい。

 

それでわノシ

スポンサーリンク