スポンサーリンク

水槽用冷却ファンで水槽の水温を下げる

アクアリウムをする上で問題になってくるのが、夏場の高水温対策です。

水槽の温度が28℃を超えてくると生体・水草等にダメージを与え始めます。特にエビ類は28℃を超えてくると他の熱帯魚類に比べ早くダメージを受ける事が多いです。

そこで、水槽の温度をいかに下げるかがアクアリストの夏場の一番の問題点になるでしょう。

 

水槽用クーラーを使う方法、冷却ファンを使う方法など色々ありますが、今回は冷却ファンを使った方法にピックアップしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

冷却ファンを利用した水槽の高水温対策

冷却ファンとは

冷却ファン

画像のように、水槽用の扇風機になります。

水槽の淵などに取り付けて風を水槽水面に送り気化熱を利用して水槽の水温を下げます。

アクアリウム用の冷却ファンでないといけない訳では無く、クリップ型の扇風機などを取り付けたり、パソコン用のファンなどを改造して取り付けたりと色々なやり方があります。

 

要は、風を水面に当てる事により、気化熱を利用して水槽の水温を下げるという事になります。

 

気化熱とは

液体が気体になるさいに、液体の周りの物から熱を奪い気体になる事になります。

要は水槽表面の水が気体になるさいに、まわりの水槽水から熱を奪って気体になる現象。

この水槽水から熱を奪う=水温が下がるとなり、水槽の温度を気化熱を利用して下げようという事になります。

 

冷却ファンで下がる温度

室内の温度・湿度に影響をうけますが、3~4℃程度水槽温度が下がります

室内の湿度が高い場合は、水が気化しにくいので温度が下がりづらいですが、少しは下げてくれます。

冷却ファンを使いながらでも水温が30℃を超えてきたりすると、他の冷却方法との併用も考えた方がいいかもしれません。

 

冷却ファンを利用するメリット

冷却ファンを利用する上でのメリットは、ランニングコストが安いにつきると思います。

色々な冷却ファンの消費電力を見てみると、せいぜい10w以下が殆どです。

 

1時間10w×24時間 = 240w/日

240w×30日 = 7,200w

7,200w÷1,000w×23円(1kw当たり) = 165.6円(1ヶ月)

大体の計算になりますが、1ヶ月ひたすら動きっぱなしで165.6円の電気代になります。

 

多く見積もっても1つの水槽でこれ位のランニングコストで済みます。

あと、導入する上でのイニシャルコストも抑えられます。

冷却ファン自体が大体2,000円位になります。

 

お金の面では一番良い方法でしょう。

 

冷却ファンを利用するデメリット

もちろんデメリットも存在します。

デメリット1

部屋の湿度が異様に高くなる。水槽水が気化する事で水槽の温度を下げる方法なので、水が気体になればその分湿度が高くなります。

人間は、同じ温度でも湿度が高いか低いかで不快指数が変わってきます。

部屋の湿度が高くなると、同じ室温28℃でも暑さの感じ方が全然変わるので同居人がいる状態だとうるさく言われるかもしれませんw

 

デメリット2

冷却ファンが動作している時は、風切り音のような音がします。これが、メーカーによっては高い音だったり低い音だったりと人によっては寝室での利用に影響を受ける位の音がする場合があります。

 

デメリット3

水槽の水の減りが早くなる。

水槽のサイズにもよりますが、1日で水槽の水位が何cmも下がったりするのでまめな足し水が必要になってきます。

 

水槽用冷却ファンの種類と使い方

水槽用冷却ファン単体

iconicon
GEXの60cm水槽用の冷却ファン単体になります。

水槽ガラス面に掛けて水槽水面に真上から風を当てて冷やすタイプになります。

 

iconicon
テトラ社の冷却ファンになります。

やはり、水槽の淵にクリップで掛けて、風を当てて冷やす形になります。

このタイプはちょっと大きいので、60cm水槽で蛍光灯をガラスに置いている場合など、少し邪魔になるかもしれません。

 

他のメーカーの物もありますが、冷却ファン単体品になります。

注意点として、この冷却ファン単体だと電源コンセントに繋いだままだとひたすらファンが回っている状態になります。

そこで、ある設定温度以上になったら電源を入れ、設定温度より水温が下がったら電源が切れる逆サーモを一緒に使う方がいいです。

 

逆サーモ

水温を上げるヒーターをON、OFFするサーモと真逆の働きをするのが逆サーモになります。

設定温度以上になったら、繋いである冷却ファンの電源を入れて水温を下げ、設定温度まで下がったら冷却ファンの電源を切って水槽の温度が下がり過ぎるのを防いでくれます。

iconicon
エヴァリスの温度固定タイプの逆サーモになります。

水槽の温度が約26℃になったら、電源を切って水温の下がり過ぎを防いでくれる物になります。

iconicon

GEXの温度設定が出来る逆サーモです。

稼動温度を設定出来るので、例えば水温28℃にセットしておけば、28℃の水温をキープするように冷却ファンをコントロールしてくれます。

28℃ならエビも何とか耐えてくれる水温になるので、上手く温度設定を使って冷却ファンのコントロールが出来ます。

 

サーモ内臓水槽用冷却ファン

逆サーモを取り付けると、電源配線が多目になってきます。

そこで、その逆サーモを内臓した冷却ファンも発売されています。
iconicon
テトラの逆サーモ内臓タイプのCFT-60Wです。

温度固定タイプの逆サーモを内臓しているので、この商品なら設定温度を維持して冷却ファンを稼動してくれます。

60cm水槽向けの水槽用冷却ファンです。

 

iconicon
NISSOから発売されている、逆サーモ内臓のぴたっとファンサーモプラスMです。

こちらも設定温度固定タイプなので、設定された水温をキープするよう冷却ファンを稼動します。

あと、送風口がスポット状になっているタイプの水槽用冷却ファンになります。

 

テトラのクールファンより、若干音が大きいです。

 

テトラ25℃クールファンCFT-30
テトラ 25℃クールファンCFT-30icon
テトラ製の30cm水槽向け逆サーモ付き冷却ファンです。

設定温度固定タイプで、水槽ガラスに挟み込んで設置します。

 

利用する上での注意点

水槽にガラス蓋をしている状態で片方から風を送り込んだら、その風が抜ける部分が必要になります。

あと、部屋の湿度が高い状態だと水温を下げる効果が薄れるので、外出するさいなど部屋の換気扇をまわすなどして室内の空気が循環するようにしておいた方が効果が高くなります。

 

部屋を閉め切った状態だと、なかなか水温が下がってくれない事があります。

 

まとめ

気温が25℃を超えたあたりから、水槽の高水温が気になりだしてくる季節になります。

水槽用冷却ファンを利用した、水槽温度の冷却はコストの面では他の冷却方法より優れていますが本格的な真夏日を迎えたらやはり劣ってしまう水槽の冷却方法になってしまいます。

 

しかし、水槽を置いてある部屋の状況によっては、十分にその力を発揮してくれる事もあります。

水槽の設置本数や設置環境によっては水槽の温度を下げる味方になってくれるでしょう。

本格的な真夏日などでは、部屋のクーラーとの併用で水温管理した方がいいでしょう。

 

また他にも水槽の冷却方法がありますので、参考にして下さい。

水槽の水温を下げる方法のまとめ 高水温を冷却する。
水槽の水温が28℃を越えてくると、飼育している熱帯魚や高水温に弱い水草(特にシダ系)にダメージを与えてしまいます。 そこで、いかにして水槽の水温を下げるかが夏場の水槽
水槽用クーラーで水槽の水温を下げる! 夏場の高水温対策
アクアリストにとって夏場は、水槽の高水温化をどのように回避するかが問題になってきます。 水槽の温度が30℃を超える日が続くと、あっという間に水槽内の生体が体調を崩し最
家庭用エアコンで水槽の水温を下げる! 部屋も水槽も快適な高水温対策
水槽を維持管理する上で、水温が高くなる夏場はアクアリストにとって悩みの種です。 いかに高くなる水槽の水温を下げるか。そして、そのランニングコストを気にしながら夏場は1

 

それではノシ

スポンサーリンク