スポンサーリンク

アマゾンフロッグビット

水槽内で余剰になる養分を吸収してくれて、水の富栄養化を防ぐ事に日一役買ってくれる、アマゾンフロッグビット。

繁殖力もあり少しの株を浮かべておけば、水槽内の栄養を吸いどんどん増えてくれます。

ビオトープなどにも使え、とくに水面にある程度増えれば夏場の直射日光を防いでくれる役目もしてくれます。

 

そんな、アマゾンフロッグビットを紹介します。

 

スポンサーリンク

水草名 アマゾンフロッグビット

学名 Limnobium laevigatum

通称 ドワーフアマゾンフロッグビット、アマゾントチカガミ、リムノビウム・レイヴィガタム

 

水草育成データ

PH 弱酸性~弱アルカリ性
硬度 軟水~中硬水
水温 20~28℃
育成光量 蛍光灯3灯~ ★★☆☆☆
CO2(二酸化炭素)添加 添加しなくても育つ ★★☆☆☆
育成難易度 簡単 ★★☆☆☆
成長速度 早い ★★★★☆
草姿 浮草

あくまでも、育成するだけの条件です。

光量があれば、どんどんと増えていきます。

根を水槽内に伸ばし、水槽内の栄養を吸収してくれます。

 

シューターを出して、子株を増やして水槽水面を覆い尽くすぐら増えます。適度なところで間引いてあげないと、水槽内へ照明の光が入りづらくなります。

光量がそこそこあれば、すぐに増えていくので躊躇なくどんどん間引いていった方がいいです。

 

特徴

アマゾンフロッグビット

アマゾンフロッグビットと似たような種類で、ドワーフフロッグビットがあります。

水草 浮草 ドワーフフロッグビット

アマゾンフロッグビットとドワーフフロッグビットとの違いは、アマゾンフロッグビットの方が大きく、葉の厚みがあるところです。

また、葉先が尖っているのもアマゾンフロッグビットです。

 

水槽のサイズが小さい場合は、ドワーフフロッグビットの方がいいでしょう。

60cm水槽ならアマゾンフロッグビットの方が小さ過ぎないので、水槽がゴチャゴチャしないでしょう。

 

また、水槽内に根を伸ばしていくので、浮草のまわりに稚魚が隠れたりまた、稚エビが伸びた根につかまっていたりと生体の繁殖水槽などにも十分な隠れ家を提供してくれるでしょう。

増殖が速いということで、水槽内の富栄養化を防いでくれる役目をしてくれます。

水槽立ち上げ初期など、富栄養化になりがちな水槽内の余分な栄養を吸収してどんどん増殖していくので、上手く活用すれば水槽の立ち上がりも早まるかもしれません。

 

ビオトープに用いたりも出来るので、色々な活用方法があるでしょう。

 

レイアウト

アマゾンフロッグビット

睡蓮鉢に浮かべても、趣があります。

水槽内に浮かべておくだけでいいので、レイアウトに使うというよりも生体の繁殖の補助や水質の富栄養化を防ぐという目的で使うことになります。

あと、魚等は上から眺められたさいに出来る人の影を怖がる傾向があるので、アマゾンフロッグビットなどの浮草が浮いているとその影を防いでくれて、生体を落ち着かせることにも一役買ってくれます。

 

コメント

icon
icon
↑画像クリックでチャームの販売ページに飛びます。

水槽内の水の富栄養化を防いでくれて、生体の繁殖行動にも役に立ち、魚達を落ち着かせてくれる浮草であるアマゾンフロッグビット。

光量さえあれば、水槽内でもどんどん増えるので適度に間引いていかないと知らぬ間に水面を覆ってしまうぐらい増殖します。

 

熱帯魚を入れた水槽だけでなく、メダカなどを入れた鉢などにも浮かべておくのも趣があり面白いです。

 

それでわノシ

スポンサーリンク