スポンサーリンク

水槽のガラス面に付いた白い汚れ

水槽のガラス面に付く白い汚れ、綺麗にしたい場合は苦労しますよね。

特に何ヶ月もほったらかした状態で綺麗にしようとすると、なかなか綺麗に落ちてくれません。

また、ガラス蓋をしている場合などはエアレーションの飛沫が飛んではその水滴が照明の熱で乾いて、どんどん白く汚れていきます。

 

そこで、水槽のガラス面に付いた白い汚れを綺麗にする方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

水槽のガラス面に付着する白い汚れの正体

水槽の白い汚れを綺麗に

水槽の水位が下がると特に目立ってくる、白い水垢のような跡。

その正体は、水槽の水に含まれる炭酸カルシウムと塩が固着した状態になります。

特に水槽水の硬度が硬水に近いほど、この炭酸カルシウムを多く含んでいる状態になるのでガラス面には余計に付着しやすくなります。

 

ガラス面の白い汚れを取る方法

酷く固着した場合

永い間放置した状態だとかなり固くまた、層も厚く固着しているのでとても大変です。

炭酸カルシウムは、強酸にとけやすいのでクエン酸や食酢などを含んだキッチンペーパーを水槽のガラス面などに当てておきます。

どれ位あてておけばいいのかは、固着したカルシウムの厚さなどによるので一概に言えませんが何時間もその状態にしておかないといけないでしょう。

 

また、クエン酸や食酢を使うので水槽リセット時などにしか出来ません。

 

手先が器用な方ならカッターの刃を使って上手く削り取る方法もあります。

カッターの刃は多少は曲がるのでガラス面に刃を水平に当てて削ると簡単に取れます。

しかし、少しでも刃先がガラス面に食い込むと傷が入ってしまいます。

 

自己責任でお願いしますw

 

あとは、スクレイパーの刃先がカッターの状態になった物も同じような要領で削り取る事が出来ます。

自分は、ガラス面に酷く跡が付いている場合は、まずはスクレイパーの刃先で粗方削り取ってから仕上げをします。

 

あまり白い跡が固着していない場合

この場合は簡単に白い炭酸カルシウム跡を取る事が出来ます。

クリーンフィルム
ガラス水槽専用クリーナー クリーンフィルム
icon
このクリーンフィルムを使ってガラス面を擦って、白い汚れを取ります。

赤いフィルムが軽い汚れ用で青いフィルムが酷い汚れ用となっています。

特に2~3週間に1回程度なら、赤いフィルムの方で十分にガラス面に付いた白い汚れは落ちます。

 

ガラス面にフィルムを当てて磨く

ガラス水槽の白い汚れを取る

写真のように、水を付けながら円を描くようにガラス面に押し当てていくだけです。

フィルムには、光沢な面と光沢が無い面があります。

光沢がある面が外側で光沢が無い面を水槽のガラス面に当てて磨きます。

 

指先で水槽ガラス面の白い汚れが付着した部分を擦っていくと、何か引っ掛かる感じがします。

しかし、汚れがとれてくるとその引っ掛かる感じが無くなり自分の指先でもしっかり汚れが落ちたのが解ります。

これを、白い跡がある所に円を描くように当てて擦っていくだけです。

 

水槽ガラス面の磨き終わり

水槽のガラス面の白い汚れを落とした跡

大体、5分程度で終わります。

ガラス面の白い汚れを取る

結構簡単に綺麗になります。

あまりにもカルシウムの層が厚くなっている場合は、青いフィルムで磨いた方がいいのですがかなり時間が掛かってしまうのでそれなら、先程書いたスクレイパーなどを使って粗方、削り落としてからクリーンフィルムで磨いた方が時間も短縮出来ます。

 

まとめ

水槽ガラス面の白い汚れを取る

水槽のガラス面に付いた白い汚れは特に、水槽の水位が下がった時に目立ってしまいます。

また、エアレーションの飛沫が付いた跡だったりとガラス面が汚れていると、水槽の掃除をしても綺麗にした感がありません。

そこで、今回紹介したクリーンフィルムを水換えをするさいに軽く使っておけば常に綺麗なガラス面を維持できるでしょう。

 

また、薬品などを使うわけではないので、水槽内に生体がいる状態でも使えるのが一番大きなメリットでしょう。

 

クリーンフィルム
ガラス水槽専用クリーナー クリーンフィルム
icon

スポンサーリンク