スポンサーリンク

ロタラspワイナード

中景~後景で使えて、通常のロタラなどと比べて一回り小さく、光量の当たり具合によっては薄緑からピンクに葉が染まるロタラspワイナード。

ロタラロトンディフォリアを小型にしたような印象を与え、トリミングに良く耐えてすぐにボリュームを増すことが出来ます。

そんなロタラspワイナードを紹介します。

 

スポンサーリンク

水草名 ロタラspワイナード

学名 不詳

 

水草育成データ

PH 弱酸性~中性
硬度 軟水~中硬水
水温 20~28℃
育成光量 蛍光灯3灯~ ★★★☆☆
CO2(二酸化炭素)添加 添加した方がいい(1秒に1滴) ★★★☆☆
育成難易度 普通 ★★★☆☆
成長速度 早い ★★★★☆
草姿 有茎草

あくまでも、育成するだけの条件です。

60cm水槽換算で2灯程度でも育成出来ますが、そのさいは葉の色が薄緑になります。

CO2を添加して3灯程度の光量を与えると、葉の色が薄緑からピンクに染まってきます。

肥料は液肥を与えていくといいでしょう。

 

葉色をピンクで維持するなら、鉄分の補給も有効でしょう。

 

特徴

ロタラspワイナード

写真は光量を2灯程度で育成した場合の状態の葉色です。

CO2添加して光量を3灯以上で葉色が変化しだし、薄い緑からピンクに変化していきます。

ロタラロトンディフォリアよりも淡い色合いで、さらに一回り小さくした状態の水草になります。

 

生長じたいは早い部類に入るため、光量・CO2添加のどちらも揃った環境だと以外にトリミングに追われるかもしれません。

しかし、トリミングにも良く耐えてくれるのですぐにボリュームを増すことが出来ます。

少ない本数を植栽して、トリミングしながらボリュームを増していくのに向いた種です。

 

また、淡い色合いとその繊細な姿からやわらかい印象を与えてくれます。

 

レイアウト

ロタラspワイナード

中景から後景にかけてレイアウトに使うこともでき、密に植えて後景に使うことも出来る種です。

生長速度が以外にも早いので、その点を上手く考慮してレイアウトにもちいた方がいいでしょう。

光量の強さで薄緑の爽やかな印象からピンクに染まっていく淡いやわらかい印象まで色々な変化を見せてくれます。

 

中景に植えた場合は光が当たりにくければ、薄い緑の草姿、後景に植えて光をしっかりあてれば淡いピンクに染まった草姿を見せてくれるので、色々とレイアウト自体を楽しませてくれます。

また、通常のロタラより小型な種なため、小型水槽にも上手くマッチするのではないでしょうか。

 

コメント

icon
icon
↑画像クリックするとチャームの販売ページになります。

レイアウト次第では、中景~後景に使えるロタラspワイナード。

光量によって、薄緑~ピンクの葉色を楽しめます。

また、繊細なその姿は他のロタラと並べてもやわらかい印象を与えてくれます。

 

それでわノシ

スポンサーリンク