スポンサーリンク

ヤマトヌマエビはどれ位必要か

こんばんは、ブラックコーヒー(@blackcoffee55)です。

60cm水槽の南米ウィローモスや流木などに、茶色のアオミドロなどが大量発生しています。

そこで、30cm水槽にいるヤマトヌマエビを派遣しました。

 

ヤマトヌマエビがどれだけ働いてくれるか、また、どれ位の匹数を入れたら藻の駆除に効果があるかを実験するための準備編です。

 

スポンサーリンク

60cm水槽の藻の量

アオミドロが発生している60cm水槽

あまりにも汚いのでモザイクかけてますw

一応週1回水替えしているのですが、外部フィルターの掃除をさぼってしまっている状態でした。(たぶん5か月位でしょうか)

茶色のアオミドロと思われるのですが、アオミドロなら遮光などですぐ対処出来るのですが、敢えて今回はしません。

参考記事 アオミドロの発生原因と対策・除去・駆除方法!

 

60cm水槽にヤマトヌマエビがどれ位の匹数いると効果が出始めるのかを検証してみたくなり、ヤマトヌマエビのみで対処してみたいと思います。

参考記事 ヤマトヌマエビ コケ取りエビの定番種。このエビ入れずにどのエビ入れる?

 

アオミドロが発生した原因は、子供達が夏休みでほぼ部屋の電気をつけた状態だったからでしょうか。

この60cm水槽は16:00~23:00の7時間照明が点灯していますが、照明点灯後自分が部屋の電気を夜中の間点けている状態。そして、子供達が昼間も水槽がある部屋の照明を点けている状態だったからでしょう。

あと、フィルターの汚れで水槽内が富栄養化してたからでしょう。

 

30cm水槽よりヤマトヌマエビを派遣

ヤマトヌマエビはどれ位必要か

今30cm水槽にいるヤマトヌマエビ達です。

餌を与えていないので、ニューラージパールグラスの葉の部分まで食害されてる状態です。

これ位飢えた状態なら、そこそこ期待出来るのではないでしょうか。

参考記事 苔取り生体の待機水槽と化した30cm水槽 226日目

 

ヤマトヌマエビに引き抜かれたニューラージパールグラス

というより、大きいヤマトヌマエビがニューラージパールグラスを引き抜いて水面へ塊が浮いてきている状態なのでそれを何とかしたいというのもあります。

 

ヤマトヌマエビの水合わせ

とりあえず、大きいヤマトヌマエビ3匹を取り出しました。

現在60cm水槽には、2匹のヤマトヌマエビがいます。これで、合計5匹のヤマトヌマエビが60cm水槽に。

これで、1週間でどれ位藻が減るのか。

 

ヤマトヌマエビが青色に

写真のピントがずれていますw

60cm水槽に投入直後のヤマトヌマエビです。

色が青い色に変わっています。まあ、赤っぽくないから大丈夫でしょう。

 

まとめ

茶色いアオミドロが南米ウィローモスやフレイムモス、流木を覆うように大量発生した60cm水槽。

このアオミドロに対して、ヤマトヌマエビがどれ位の数で駆除出来るのか実験してみます。

とりあえず、現状5匹の状態からスタートです。

 

まあ、実際これだけでは全然足らないのでしょうがw

 

それではノシ

スポンサーリンク