スポンサーリンク

60cm水槽でどれ位ヤマトヌマエビがいると効果を実感出来るのか

こんばんは、ブラックコーヒー(@blackcoffee55)です。

前回、60cm水槽に藻が大量に発生したためにその水槽にヤマトヌマエビを5匹にして、それがどれ位効果が出るのか1週間見てみました。

前回記事 60cm水槽でどれ位ヤマトヌマエビがいると役に立つのか?準備編

結論としては、藻が多めに発生している状態では、5匹程度では目に見えての効果は実感出来ませんでした。

そこで、今回新たに5匹ヤマトヌマエビを追加してみました。

 

スポンサーリンク

新たに5匹のヤマトヌマエビを追加

60cm水槽にどれ位ヤマトヌマエビがいると効果を実感出来るのか?実験編

まあ、大体想像出来ていたのですが、藻が大量に発生している状態では、ヤマトヌマエビ5匹程度で1週間では目覚ましい効果は実感出来ませんでした。

ただし、藻が増えている様子もありませんので藻の量は現状維持という感じです。

 

60cm水槽でヤマトヌマエビ5匹では、藻の減少まではいかない状態でした。

あくまで自分の水槽環境ならですが。

しかし、藻が減りはしませんが増えてもいない状態

 

という事は、さらに5匹追加して10匹にしたら1週間後にはヤマトヌマエビのコケ取能力を実感出来るのではないでしょうか。

参考記事 ヤマトヌマエビ コケ取りエビの定番種。このエビ入れずにどのエビ入れる?

 

早速、ショップに15匹ヤマトヌマエビを購入しにいき、この60cm水槽へ5匹を追加投入しました。

これで、この水槽では10匹のヤマトヌマエビがいる事になりました。

残りの10匹は、別の60cm水槽で待機してもらいます。

 

60cm水槽にヤマトヌマエビ10匹でエビが目立ち始めた

ヤマトヌマエビが水槽にいる状態に

60cm水槽に5匹では、水槽内にいるヤマトヌマエビを探さないと見つけられない状態でしたが、10匹にすると流石に探さなくても目に付くようになりました。

これ位だと、ヤマトヌマエビが目立ち過ぎず、でも、働いている姿を見る事も出来るので少し安心感が出てきました。

ようく見ると、チョコチョコとコケ取りエビとしての姿を見る事が出来ます。

 

まあ、変な所にいるのもいますが。

ドロップチェッカーに掴まるヤマトヌマエビ

ADAのドロップチェッカーに掴まっているヤマトヌマエビですw

ちなみに、ドロップチェッカーはこんな物です。

参考記事 ADAのドロップチェッカー CO2の添加量を視覚的に見れるツール

 

ヤマトヌマエビが目立たない量

60cm水槽に10匹位が、エビ水槽って程でも無く、程よい位の量なのかもしれません。

あとは、1週間後に藻類が減少したら適量かもしれません。

 

ヤマトヌマエビが抱卵していた

ヤマトヌマエビが抱卵していた

ヤマトヌマエビのメスが抱卵していました。

まあ、孵化しても汽水環境じゃないと育たないと言われていますから、増える事はないでしょう。

汽水環境の水槽を用意しても稚エビまで育てるのが大変みたいですからね。

 

ミナミヌマエビなら勝手に淡水水槽内で増えてくれますが、ヤマトヌマエビはその点難しいでしょうね。

参考記事 コケには自家繁殖させて数で勝負だミナミヌマエビ!

 

まとめ

前回から、60cm水槽に5匹の状態で1週間経ちましたが藻類が大量にある場合は、ヤマトヌマエビ5匹程度では藻類を減少させるまでには至りませんでした。

そこで、今回5匹追加して合計10匹になりました。

 

取り敢えず、水槽を見るとヤマトヌマエビがいるなぁという状態になりました。

これで、藻類が減少してくれたら60cm水槽なら10匹程度ヤマトヌマエビがいたら藻類の予防や駆除に効果がある事が判りそうです。

あくまでも自分の60cm水槽の場合ですが。

 

それではノシ

スポンサーリンク