スポンサーリンク

ヘアーグラスショートの植栽方法

こんばんは、ブラックコーヒー(@blackcoffee55)です。

前日に溶岩石などを配置していた30cm水槽へ、水上葉で育成していたヘアーグラスショートを植栽していきました。

前回記事 溶岩石を使ったレイアウトにした30cm水槽 1日目

 

ヘアーグラスショートの株を細かく分ける地味な作業と密度を高くするために、出来るだけ多くの束数にして植えるようにしました。

 

スポンサーリンク

ヘアーグラスショートの水上葉

ヘアーグラスショートの水上葉

ヘアーグラスショートを水上葉として栽培していたので、今回はそれを30cm水槽に植栽していきました。

ちなみに、このヘアーグラスショートは今年の1月に植えてベランダで日光を当てて増やした物です。

参考記事 ヘアーグラスショートの水上葉維持

 

ヘアーグラスショートの株分け

ヘアーグラスショートの株分け

写真左下のひと塊になっている部分を回りにハサミを入れて切りながら取り出して、根の部分に付いているソイルをバケツに入れた水の中で濯いでいくとヘアーグラスショートのだけになります。

そして、その塊を適当にバラシながら葉がだいたい10本程度で1束位になるように、バレットへ移していきます。

 

ヘアーグラスショートの株分け

この作業がとても地味で面倒なのですが、あまりにも株をまとめ過ぎると植栽した後の新芽の展開に影響があるので、この作業は大事な作業になります。

バケツの中で濯ぎながら、なるべく状態のいい物だけを選別しながらバレットに並べていきました。

1つのバレットで37束分あります。

 

ヘアーグラスショートの植栽

ヘアーグラスショートの植栽方法

思いっきりピントがずれていますw

ピンセットで1束ずつソイルに植えていきます。

ヘアーグラスショートは、そこそこ深く植えても問題ないので後からソイルから抜けて浮いてこないように、根の部分から4~5cm程度ソイルに植えていきます。

参考記事 ヘアーグラス・ショート 前景草の人気種!草原風レイアウトならこの水草で

 

この作業を1束ずつ根気良く作業していきます。

この時、植えこむ束の間隔の密度を高くすると水中葉を展開してきた時に違いが出ます。

ヘアーグラスショートの植栽方法

なるべく石の際には多く植えていくと後々が自然な感じになります。

この植えこむ作業は量が多く大変な作業です。

 

ヘアーグラスショートの植栽完了

ヘアーグラスショートの植栽が完了した30cm水槽

ヘアーグラスショートの植栽を完了した30cm水槽。

なんか思ったよりもまだまだ密度を高くした方がいいような。この量で実際には、2.5パレット分を植えています。

束にすると100束程度。

 

ヘアーグラスショートの水上葉は、残りがこの2倍は残っているのでまだ植える事も可能ですが、これで様子を見てみます。

そして、ここからがヘアーグラスショート水中葉展開をさせる問題が。

この水上葉は枯れてしまうので、この状態でソイル面ギリギリでカットする方法と水中葉を展開させてからカットする方法。

 

以前、ヘアーグラスショートを植えた時は植栽と同時に水上葉をカットしましたが、今回は水上葉が枯れてコケが付く問題がありますが、この方が水中葉の展開が早いのでこのままで水中葉の展開を待ってから一斉にカットしていく方法でいきます。

 

まとめ

ヘアーグラスショートの30cm水槽

ヘアーグラスショートを植栽した30cm水槽。

水上葉から水中葉へ展開した後にまずは一気に葉の部分をカットしていく予定。

そして、コケが付着しやすい問題があるのでコケ対策用にミナミヌマエビかヤマトヌマエビを早急に入れないといけません。

参考記事 コケには自家繁殖させて数で勝負だミナミヌマエビ!

参考記事 ヤマトヌマエビ コケ取りエビの定番種。このエビ入れずにどのエビ入れる?

 

2週間後位には、ヘアーグラスショートの葉をトリミングした後のゴミ掬いが苦痛になりそうですが。

次回記事 水中葉が展開し始めた30cm水槽 12日目

それではノシ

スポンサーリンク