スポンサーリンク

水中葉が展開し始めた30cm水槽

こんばんは、ブラックコーヒー(@blackcoffee55)です。

前回の記事より10日経ち、水上葉として植えたヘアーグラス・ショートが順調に水中葉を展開してきました。

前回記事 ヘアーグラス・ショートを植栽した30cm水槽 2日目

 

また、水槽ガラス面にはメンテナンスをしても2・3日で緑藻が付き始めるのでコケ対策が必要になってきました。

そんな、ヘアーグラス・ショートの水中葉が展開し始めてきた30cm水槽の12日目です。

 

スポンサーリンク

ヘアーグラス・ショートの水中葉

ヘアーグラス・ショートの水中葉

ピントがズレてますw

ランナーを這わせながら、水中葉が展開してきています。

ヘアーグラス・ショートは、底床中の肥料を良く吸収するので常に肥料不足にならないように、注意しなければいけません。

 

また、枯れてきた水上葉の部分にはコケが付き始めるので、水中葉がもう少し展開して来たら一緒にソイル面ギリギリの部分でカットする予定です。

この調子なら1週間後位には、一度トリミングをしないといけないでしょう。

 

ヘアーグラス・ショート水槽のコケ対策

ヘアーグラス・ショートのコケ対策

ヘアーグラス・ショートのコケ対策にコケ取りエビは不可欠です。

そして、この水槽にもヤマトヌマエビを3匹投入しています。

参考記事 ヤマトヌマエビ コケ取りエビの定番種。このエビ入れずにどのエビ入れる?

 

30cm水槽なので大きいヤマトヌマエビだと目立ち過ぎるので、小さいサイズのヤマトヌマエビを選別して投入しています。

しかし、照明のアクアスカイ301が眩しすぎるのか照明が点灯している間は溶岩石の隙間に隠れている事が多いです。

照明が消灯して暗くなった状態だと、溶岩石やヘアーグラス・ショートにまとわりついています。

 

ただ、少し力が強いのかヘアーグラス・ショートが上手く根付いていない部分は抜き取られている形跡があります。

ヘアーグラス・ショート水槽

 

CO2添加にタブレットを使った結果

昨日迄、CO2の添加にタブレット式の物を使っていました。

片づけをしていたら、3年程前に買った残りが見つかったので試しに入れてみたら、即コケまみれとなりました。

理由は、パッケージにも書いてありますが、”CO2+水草育成養分を発生します”の文字!

 

立ち上げてから、12日になりますが餌類は一切与えていません。

また、ソイルは吸着系のプラチナソイルです。

それで、これだけ簡単にガラス面に緑藻が付くのも変だと思いましたが、パッケージを見て納得です。

 

このヘアーグラス・ショートの30cm水槽の環境では、底床に肥料は必要ですがなるべく水中の栄養分は減らしたい所。

という事で、CO2タブレットは撤去。

CO2タブレットの効果も計ってみたかったのですが、コケまみれになるので断念。

 

あくまでも、この水槽の環境には合わないという事です。

そこで、CO2の添加を発酵式による添加に変更した所です。

 

30cm水槽データ

ヘアーグラス・ショートの30cm水槽

立ち上げ日 2015/11/01
水槽サイズ Do!aqua 30cmキューブ水槽
照明 ADA アクアスカイ301(8時間)
フィルター 外部フィルター
エーハイム アクアコンパクト2004icon
ろ材
エーハイム サブストラットプロicon
パワーハウス ソフトタイプicon
CO2 発酵式
水温 25℃
底床 ソイル
プラチナソイル パウダーicon6L
肥料
テトラ イニシャルスティックicon規定量より少な目
溶岩石icon
生体 白メダカ1匹・ヤマトヌマエビ3匹
水草 ヘアーグラス・ショートドワーフフロッグビット
水替 1週間に1/3

 

まとめ

ヘアーグラス・ショートの水中葉が展開してきた30cm水槽。

前日までCO2タブレットを入れておいたら、予想以上にガラス面に緑藻が付き慌てて撤去した所です。

発酵式によるCO2添加に変更して、1週間後にはどれ位の水中葉が展開してきてくれるのか楽しみです。

 

コケにまみれにならなければいいのですが。

次回記事 ヘアーグラス・ショートのトリミングをした30cm水槽 17日目

それではノシ

スポンサーリンク