スポンサーリンク

CO2添加をしないなら照明点灯時はエアレーションをした方がいい

つい最近、水草の生長を促すためにCO2を強制添加している水草水槽で、ちょっとしたトラブルが発生しました。

照明点灯時にCO2を強制添加しているのですが、その添加量を60cm水槽に1秒2滴の割合に変更して2日目。

前日は、照明消灯直前の水槽水のpHが6.0を指していたにも関わらず、2日目になると照明消灯直前の水槽水のpHが8.2を指している状態でした。

 

さすがに、2秒1滴のCO2強制添加をしている水槽のpHがアルカリに傾くのはおかしいです。

トラブルの原因を見つけた瞬間、やっぱり照明点灯時にCO2添加をしないなら、エアレーションをした方がいいと感じた事です。

 

スポンサーリンク

水槽水がpH8.2のアルカリよりになった原因

真っ先に、pH測定器の不具合を疑いましたが、水道水のpHは7.0を指しているので正常っぽい状態です。

ならば、水槽内の石などの素材からpHを上昇させる何かが溶け出しているのかと思い、KHやGHを測定しましたがそれぞれ1.5dHでした。

アクアリウムにおける水質に関する基礎知識!
水槽の水質の状態を知っておいた方がいい項目として、pH・アンモニア・亜硝酸・硝酸など多くの判断項目があります。 水槽を立ち上げたばかりの時の水質と、水が出来上がってき

 

他の水槽のpHを測定しても、いたって正常の値を示していました。

というか他の水槽でCO2無添加の水槽より、逆にpHが高くなっている状態。

ここまで、pHが高くなったのは初めて見ました。

 

ここまで来て、CO2添加している水槽台の中を見てみると、CO2ミキサーと接続されているはずのホースが外れていました。

どのタイミングでCO2を添加するホースが外れていたのかわかりませんが、水草が照明の光を使って光合成を行うさいに水槽水中の二酸化炭素を消費していた状態でした。

もちろん、水槽内に小型カラシン類が20匹程度はいるので、多少の二酸化炭素は供給されている状態ですが、それだけでは足らない状態だったみたいです。

 

水槽水面からの二酸化炭素の吸収もあるのでしょうが、外部フィルターからの排水は水面より下になっており、CO2強制添加時には、CO2が曝気されないようエアレーション自体が止まっている状態になっています。

これらの条件が重なって、水槽内の二酸化炭素量が減少して照明点灯前でpH7.2あるものが、照明消灯直前pH8.2まで上がってしまいました。

この水槽水のKHが1.5dHなのも、pHが8.2まで上がった原因でもありますが。

水草水槽へCO2添加する量や濃度などの適正値やその目安について
水草水槽をする上で欠かせない設備になるのが、CO2(二酸化炭素)強制添加設備です。 このCO2(二酸化炭素)を強制添加する方式は、ミキサータイプやADAのバレングラス

 

光合成でどれ位のCO2を消費したのか

逆にこのCO2添加のトラブルで、この水草水槽で水槽内のCO2をどれ位消費したのかを計算してみました。

KH1.5dHでpH7.2時のCO2濃度は、3.52mg/lです。

そして、照明消灯直前の値がpH8.2になっていたので、計算すると0.35mg/lとなります。

 

と、言う事で単純計算で最低3mg/lは光合成で二酸化炭素を消費した事になります。

コケが!

 

この水槽には、緑藻が多く発生しているのですが、pHがアルカリよりだと水草が上手く二酸化炭素を使えない状態で、逆にコケなどが水槽内の二酸化炭素を使いやすくなり、光合成を行います。

光量があり、水槽の水質が中性からアルカリよりだと、コケの方が光合成を行いやすく成長しやすくなります。

 

エアレーションを行ったら

pH8.2の状態から、エアレーションを1時間行ったらpH7.6まで下がっていきました。

翌日、照明点灯前にはpH7.2になっていたので、エアレーションにより水面が揺れて水槽内に二酸化炭素を取り込んだ事になります。

もちろん、水草や熱帯魚の呼吸もありますが。

 

まとめ

今回、照明点灯時のCO2強制添加でCO2が添加されないトラブルが発生しました。

照明点灯時にCO2強制添加を行わず、外掛けフィルターなど水面を揺らすような排水が行われない場合には、水草が入っている水槽ではエアレーションを行って水槽内のCO2濃度を増やした方がCO2減少によるpH上昇も無く、水草にも有効になるでしょう。

 

それではノシ

スポンサーリンク