スポンサーリンク

陰性水草水槽

こんばんは、ブラックコーヒーです。

今日は、1月13日に立ち上げた陰性水草水槽18日目の状態ですの紹介です。

田砂とソイルを使った凸構図のレイアウトで底面にコリドラス達が泳いでいます。

前日に水換え等を行っています。

 

スポンサーリンク

現在の状態

苔がガラス面に薄っすらと付く程度で状態は非常に良いのではないでしょうか。水面に30cm水槽から間引きされて来た、ドワーフフロッグビットを浮かべていますがやはり成長が早くまた、後景に植えているハイグロフィラポリスペルマとロタラ・インディカへの光を遮り出した所です。

どうしても水流の関係上、後景当たりに溜まってしまっていますので、次回のメンテをする時にドワーフフロッグビットは、また間引かなくてはいけないでしょうね。

水草

ハイグロフィラポリスペルマ

ハイグロフィラポリスペルマ

後景の両側に植栽したハイグロフィラポリスペルマが水上葉か水中葉に展開して一気に成長し出して来ました。

コリドラス達に毎日餌をやるので水の富栄養化を出来るだけ防ぐ為にこのハイグロフィラポリスペルマを植えましたが、成長が相当早いといわれるだけあって次の水換え時には一緒にトリミングする展開になるのでわ。

ロタライ・インディカ

それに比べて、後景の中央にアクセントとして植えたロタラ・インディカはやはり照明がコトブキのフラットLEDという事とCO2無添加なので成長が思ったよりも遅いです。

ロタラ・インディカ

↑立ち上げから13日目のロタラ・インディカです。

ロタラ・インディカ

立ち上げから18日目のロタラ・インディカの状態です。

赤い色がだいぶ抜けてきたような感じです。鉄分やCO2そして、光の質が関係しているのでしょうか。まあ、とりあえず成長自体はしているのでいいのですが。

やはり、今使っているコトブキのフラットLED1本では陰性水草等を育てるのに丁度いいのでしょう。

色温度は個人的には好きです。

南米ウィローモス

南米ウィローモス

流木に巻きつけてある南米ウィローモスもそこそこ成長してきました。一回そろそろ、トリミングして密度を上げてみたい所です。

 

生体

陰性水草水槽

生体の方は、ミナミヌマエビがダイブ等で2匹☆になった以外落ち着いています。ただし、コリドラス・アドルフォイ達がガラス前面部分を上下に行ったり来たりしている時はコリドラス・ピグミー達は奥の方に隠れています。

でも餌をやるとすぐに出て底面や葉っぱの裏をツンツンとしています。

 

まとめ

オトシンクルス

何はともあれ今一番安定している状態ではないでしょうか。

来週当たりにトリミングしたりで手を掛けないといけませんが、殆ど手を掛けずにいられるのが楽でいいですw

 

それでわノシ

 

スポンサーリンク