スポンサーリンク

グリーンネオンテトラ

体側に入ったメタリックのグリーンのラインが尾ひれの付け根部分まで入り水槽内を神秘的な雰囲気にみせてくれるグリーンネオンテトラ。水草水槽で群泳させても良し、また、性格も温和で他魚と混泳させても大丈夫。

そんなグリーンネオンテトラを紹介します。

 

スポンサーリンク

グリーンネオンテトラ

学名

Paracheirodon simulans

通称

グリーンネオンテトラ

大きさ

最大3cm程度です。

好みの水質

水温20~28℃。

PHは弱酸性~中性が最適みたいです。

自分は今23度でPH7.0で飼育していますが、元気に泳いで餌をバリバリ食べています。

 

遊泳・群泳性

水槽導入当初は、水草の陰に隠れていたりしますが、馴れれば前面の方で群泳を見せてくれます。

10匹程度ではあまり群泳しているという感じでは無く、バラバラに泳いでいる感じに見えますので群泳を見たければ20匹以上泳がせるといいと思います。

また、自分より体の大きい魚がいないと結構あちこちに散らばって泳いでいる事が多いです。

1匹のグリーンネオンテトラが急な動きをするとそれに釣られて群れを作る事があります。

 

性格

非常に温和で、他魚との混泳も十分可能です。

若干、草食性が強いですので与える餌の量が少なすぎると水草の新芽などを食べるというよりカジル事があります。

 

寿命

大体2~3年位。

人工飼料や冷凍赤虫などなんでも食べています。また、底に落ちた餌も食べに来ます。

馴れてくれば、水面に浮かんだ餌も突きに来ることがある位食欲旺盛です。

 

混泳について

捕食される様な大きさの魚とかじゃなければ、大丈夫だと思います。

ただし、食欲旺盛で底面に落ちている餌も食べに来る為、コリドラスなどの底物と混泳させる場合には餌がコリドラス等に行き渡る様注意が必要です。

中層付近から低層にかけて泳いでいる事が多いです。

 

病気について

若干、導入時など弱い面があり白点病やネオン病などに注意をした方がいいです。

ネオン病など一度発症した場合は、水槽から取り出すなどの処置が必要です。

 

まとめとして

icon
icon

水草水槽に非常に合い、体側に入ったメタリックのグリーンが水槽の照明に反射してキラキラ光る様子は観ていて飽きません。

群泳もし易くまた、体長も3cm程度とネオンテトラやカージナルテトラ程大きくなる事もなく、両者と比べるとスリムな感じです。

体長もそれ程大きくならず、涼しい印象を与えてくれるので水草水槽で群泳させるのに向いた種類です。

 

それでわノシ

スポンサーリンク