スポンサーリンク

 

ホースフェイスローチ

見た目が馬面に見えるローチの仲間、ホースフェィスローチです。

底砂に潜って顔だけ出していたり、エサをコリドラスと取り合ったりと見ていて飽きない!?ホースフェィスローチを紹介します。

 

スポンサーリンク

ホースフェィスローチ

学名

Acantopsis choirorhynchos

通称

ホースフェィスローチ(馬顔のローチ)、ホースヘッドローチ

 

大きさ・特徴

最大10~15cm位になります。

体に黒い斑点が入っています。また、体色は若干透明~クリーム色をしています。

 

好みの水質

水温は23度~28度位。PHは弱酸性~中性が最適みたいです。

自分は23度でPH7.0で飼育していました。

導入時はしっかりと水合わせをすれば慎重にならなくてもいいと思います。

 

遊泳性

以外に遊泳性があります。

くねくね泳ぐのではなく一直線に泳いでいきます。また、びっくりした時など水槽から飛び出したりする事が多いです。

もし飼育するなら水槽の蓋は必須です。

 

性格

臆病な部類に入ると思います。特に振動には敏感です。

他魚に対して悪さをする事はありません。

また、底砂を厚めに敷いていれば砂の中に潜って逆に見つけるのが大変になりますw

ただし、餌を与えている最中なら若干警戒心が薄れて目の前で見ていても大丈夫です。

 

ホースフェィスローチ

人工飼料や冷凍赤虫などなんでも、底に落ちている物を吸い込みながら食べています。

また、砂の中に潜っている時に目の前の餌が落ちてくれば顔を出した状態で吸い込んで食べたりしています。

 

混泳について

捕食される様な大きさの魚とかじゃなければ、大丈夫だと思います。コリドラス共、生活圏が同じですが十分混泳出来ます。

底面に落ちている餌にしか興味を示さないので、上手く生活圏を分けて上げればいいタンクメイトになると思います。

 

ホースフェイスローチの飼育についてのまとめ

とぼけた様な顔といい、餌を食べる仕草といい非常に見ていて面白いタンクメイトです。

コリドラスとの混泳も非常に面白いでしょう。

また、砂に潜る性質なので田砂やボトムサンドなどの底砂を適度に掻き回してくれて底砂の嫌気化を防ぐ役目にもなってくれると思います。

 

唯一の難点は、底砂に潜ったら見つけ難いのと振動に驚いた時に水槽から飛び出してしまう事です。

こんな愛嬌のあるホースフェィスローチを飼う場合は水槽の蓋はもちろん、なるべく水槽と蓋の隙間も塞いで飛び出しを極力避ける様な飼育をオススメします。

 

それでわノシ

スポンサーリンク