スポンサーリンク

南米ウィローモス

生長すると葉先が三角形になるのが特徴の南米ウィローモス。

流木や石等に活着させて育成すると非常に美しく、また、水槽のレイアウトに自然感を与えてくれます。また、稚エビの隠れ家になったりと活用方法は色々あります。

 

そんな、初心者でも簡単に育てられる南米ウィローモスの紹介です。

 

 

スポンサーリンク

水草名

 南米ウィローモス

 

南米ウィローモス育成データ

PH 弱酸性~弱アルカリ性
硬度 軟水~中硬水
育成光量 蛍光灯1・2灯~ ★★☆☆☆
CO2(二酸化炭素)添加 添加した方がいい(2〜3秒に1滴) ★★☆☆☆
育成難易度 簡単 ★★☆☆☆
成長速度 遅め ★★☆☆☆

あくまでも、育成するだけの条件です。

CO2は添加しなくても生長しますが、少しでもCO2を添加した方が綺麗な三角形の葉を展開しやすくなります。

 

南米ウィローモスの特長

icon
icon
↑画像をクリックするとチャームさんのページに飛びます。

生長方向は上から下方向に垂れる様にして三角形を展開していくウィローモスです。

光量をあまり必要とせず、出来れば直接照明の光が当たらないような場所に配置すれば綺麗な緑色になります。

逆に照明が強く当たる様な場所に配置した場合は、光が強く当たる部分が少し茶色くなる事があります。

 

また、生長していくと次第に葉と葉が重なりあって光が当たらない部分が出てきます。光が当たらない下の方の葉が茶色く枯れていきますので適度に下の方の葉にも光が当たる様にトリミングをしていった方がいいでしょう。

大きく生長して幾重にも折り重なってくると、その部分に熱帯魚の糞やゴミが溜まっていたりするので、水換えなどの時一緒に溜まった糞やゴミを吸い出すなどしていけば綺麗な状態を維持出来るでしょう。

 

南米ウィローモスのレイアウト

icon
↑画像をクリックするとチャームさんのページに飛びます。icon

レイアウトの参考写真はチャームさんの写真ですが、ここまで育成すると南米ウィローモスだけのレイアウトでもいい感じです。また、ミナミヌマエビやレッドビーシュリンプなどの稚エビの隠れ家になったりと色々な形でレイアウトに取り込む事が出来るでしょう。

流木や石などに活着させる際は、普通のウィローモスより若干活着力が弱い為、木綿糸より釣り糸などで縛り付けた方がいいでしょう。

 

コメント

普通のウィローモスと違い、上から下へ流れる様なイメージを見せてくれる南米ウィローモス。特に流木に活着させて育成したレイアウトはとても圧巻です。

また、陰性水草のレイアウトとしてミクロソリウムなど共、相性は良いです。もっさり育てて自然感を出したり、エビの水槽にも合ったりと使い方次第で万能な働きをしてくれる南米ウィローモスです。

是非水槽のレイアウトに加えてみてはいかがでしょうか。

 

それでわノシ

スポンサーリンク