スポンサーリンク

ミナミヌマエビ

コケ取りエビとして有名なミナミヌマエビ。コケ取りエビとして有名なヤマトヌマエビより体が小さいですが、ヤマトヌマエビと違って淡水水槽の中でも自家繁殖させる事が出来るミナミヌマエビを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ミナミヌマエビ

学名

Neocaridina denticulata

 

通称

ミナミヌマエビと呼ばれています。

 

大きさ

オスの方が小さく最大2cm程度。

メスはオスよりも一回り大きく、最大3cm程度。

 

ミナミヌマエビの好みの水質・水温

ミナミヌマエビのみを飼育するのであれば、ヒーター等はいらないぐらい低水温には強いです。

ただし、水槽で飼うエビに共通して高温には弱い面があります。

28℃を超えた辺りから、ポツリポツリと落ちていく個体が増えます。エアレーションをしっかりして、水槽内の溶存酸素濃度を確保してあげれば28℃を超える日が続いてもそこそこ大丈夫です。

水槽のエアレーションについて考えてみる
熱帯魚飼育をする上で水槽内の溶存酸素量を高める為に必要なエアレーション。 どの様にエアレーションを行えば水槽内に酸素を充満させられるのかまた、エアレーションをする目的

 

また、魚よりアンモニアや亜硝酸、硝酸塩濃度に弱いため、先に影響が出ます。

pHに関しては、弱酸性~弱アルカリ性まで幅広く順応してくれます。

 

ただし、水槽への導入時は水質の変化に弱い面があるみたいなので、しっかり水合わせをすれば大丈夫です。

 

ミナミヌマエビのコケ取り能力

ヤマトヌマエビと比べるとコケ取り能力は落ちます。水槽内にコケが蔓延した状態で50匹ミナミヌマエビを入れるよりも、ヤマトヌマエビを5匹入れた方がまだ効果は高いです。

しかし、ミナミヌマエビはヤマトヌマエビ程体が大きく無い為、例えば、ヘアーグラスやニューラージパールグラスなどの前景草を植えた直後から一緒に導入すればコケを予防する役目になるでしょう。

これが、ヤマトヌマエビならまだ根を張る前の水草を抜いてしまうでしょう。

ヤマトヌマエビ コケ取りエビの定番種。このエビ入れずにどのエビ入れる?
水草水槽に入れるコケ取りエビとして定番なヤマトヌマエビ。何はともあれ苔の予防や駆除目的で水槽に入れているアクアリストの方も多いと思います。 他のコケ取りエビに比べて体

 

ミナミヌマエビの寿命

ライフサイクルが短いです。大体、1年程度でしょうか。

エビに寄生する寄生虫がいます。この寄生虫の影響で寿命を迎える前に死んでしまう事もあります。

淡水エビを宿主にする寄生・共生している虫!その種類や駆除方法など
水槽で飼育する淡水エビの種類は数多くいますが、そのエビを宿主とする寄生虫も思いの外います。 そこで、今飼育しているエビに寄生虫が発生したのを機に色々調べてみました。

 

ミナミヌマエビの繁殖

非常に繁殖力が強く、また、淡水水槽内で繁殖させる事が出来ます。水槽という恵まれた環境の中で満月の日になると、水槽内を泳ぎまくるミナミヌマエビが観察出来ると思います。

その中には必ずといっていいほど、抱卵した個体を見る事が出来るでしょう。

親エビをも捕食するような熱帯魚と一緒じゃなければ、稚エビの隠れ家(ウィローモスやマツモといったような水草)があれば10匹水槽に入れておけば、何ヶ月後には100匹位に増えている事もあります。

また、水槽に外部フィルターを使っていれば、フィルター内に吸い込まれた稚エビがフィルターを掃除する際に何匹も発見する事もあります。

外部フィルターという光が入ってこない環境でも、成長するたくましさも有ります。

 

雑食性の為、特別な餌等は必要ないでしょう。

もし、他に熱帯魚等を飼っている状態なら熱帯魚に与えた餌の残り等を食べて処理してくれます。熱帯魚に与えた餌を抱え持っていく事もあります。

また、死んだネオンテトラを一日で骨だけにしてしまう位常にエサを求めて動いています。

 

ミナミヌマエビのまとめ

icon
icon水槽内での藻類の掃除など、色々な魅力を見せてくれるミナミヌマエビ。水槽内で繁殖させる楽しみもあり、また、色々な色に変化する姿も見る事が出来ます。

コケ取りとしては、数を多く導入する事によりヤマトヌマエビに負けない位の働きを見せてくれるでしょう。

ホームセンターや熱帯魚ショップなど、どこでも入手し易いのも魅力の一つです。

自家繁殖させた、ミナミヌマエビで水槽のコケ掃除も面白いです。

 

それでわノシ

スポンサーリンク