スポンサーリンク

ラスボラ・エスペイ

複数匹飼いすれば群泳し易くまた、非常に丈夫な熱帯魚のラスボラ・エスペイ。

初心者にもオススメでしっかり弱酸性の軟水で飼育すればオレンジ色の発色も良くなり水槽内をにぎやかにしてくれます。

そんなラスボラ・エスペイを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

ラスボラ・エスペイ

学名

Trigonostigma espei

通称

ラスボラ・エスペイ

 

大きさ

最大約4cm程度です。

ラスボラ・ヘテルモルファと似ていますが、本種の方が体高が低くどちらかというとシャープな印象です。また、黒いバチ模様も本種の方が細いです。

 

好みの水質

水温 22~28℃位。

pH 弱酸性~中性が最適みたいです。

硬度 軟水~中硬水

 

弱酸性の軟水の環境で飼い込めば、特徴的なオレンジの体色が綺麗に発色します。

 

遊泳・群泳性

非常に良く群れてくれます。

水槽内の中層付近をテリトリーとして泳いでくれるので、水槽内の低層を泳ぐ熱帯魚とも相性はいいでしょう。

5匹以上一緒に飼えば、群泳する姿が見れるでしょう。

 

性格

温和な種です。

成魚になれば、若干テリトリーを意識しだしますが執拗に他魚を追いかけ回したりする様な事はありません。

 

寿命

大体3~5年位みたいです。

 

人工飼料や冷凍赤虫などなんでも食べます。

沈下性の餌を与えたら、上層から中層にかけて食べにきます。

底面迄落下した餌にはあまり見向きをしません。

 

低層を泳ぐ熱帯魚にも十分餌を与える事が出来るので上手く棲み分け出来るでしょう。

 

混泳について

先程も書きましたが、温和な種ですので十分混泳出来ます。また、中層付近を泳ぐので低層を泳ぐコリドラス等とは非常に相性がいいと思います。

 

まとめとして

icon
icon
↑画像をクリックするとチャームの販売ページになります。
非常に安価で丈夫でオレンジの体色が特徴的なラスボラ・エスペイ。

複数匹導入して群泳させたり、また、他の種を目立たせる為の脇役として泳がせてみたりと色々とその魅力を見せてくれます。

 

水草のミクロソリウムとは、同地域の種という事もあり相性もバツグンです。

丈夫な種ですので、初心者が飼う上でもオススメの種です。

 

それでわノシ

スポンサーリンク