スポンサーリンク

水草レイアウト色彩遠近法

水槽という狭い空間でいかに奥行き間を出すかというのが一つのレイアウトテクニックになってくると思います。

水草水槽レイアウタートップレベルの方の水槽写真を見るといかに遠近感を表現して、狭い水槽内を広くみせているかが分かります。

そこで、水草水槽でも使える遠近感を出す技法を何回かに別けて紹介します。

 

 

スポンサーリンク

色彩遠近法

色彩遠近法とは

寒色系・暖色系の色を使い分けて、遠近感を表現する技法です。

 

暖色系と寒色系

sikisai1

まず、同じ大きさで色が違う三角形の画像を見て下さい。

どちらの色の三角形が自分に近く見えるでしょうか?

 

多分、多くの人は左側の赤い三角形が近く感じると思います。

色は、暖色系(赤・橙・黄など)と寒色系(青・青緑・緑など)によって見え方が変わってきます。

基本的に暖色系の色が自分に対して迫ってくるような印象を与え、逆に寒色系の色が自分から遠ざかっていく印象を与えます。

 

よくチラシ等で赤い文字で値段が表示されていたりすると思いますが、それはこの色彩遠近法を考えて暖色系の色を使い目に止まりやすくしています。

 

水草レイアウトに応用する上では、この技法だけではあまり効果がありません。

いくつかの遠近感を出す技法を応用してレイアウトします。

 

空気遠近法

空気遠近法とは

よく風景画とかで使われている遠近感を出す技法です。近くの物が濃く輪郭などがはっきりと、遠くにあるものが輪郭がぼやけまた、色味も薄くなっていく事で遠近感を表現しています。

 

遠くなるにつれて色味が薄くなる

sikisai2

画像の三角形を見て下さい。

左と右の三角形は同じ大きさで色も同じ緑です。

真ん中だけが色が薄い緑の三角形となっています。

 

今度はどちらの三角形が近く感じるでしょうか?

 

多くの人が左右の三角形を近く感じると思います。色が薄いか濃いかによっても遠近を感じる事が出来ます。

水草にも濃い水草や薄い水草などがあります。これを上手く配置する事でも遠近感を出す事が出来るでしょう。

 

水草レイアウト色彩遠近法

適当に作った画像です。

手前の山の緑を濃く、だんだんと奥の山の緑を薄くしていった画像です。

これだけでも奥行きを表現する事が出来ます。

実際にはこの画像には空気遠近感と重なりの遠近感を使って遠近感を表現しています。水草を植栽する場合に上手くレイアウトすればそれだけでも遠近感を表現出来るのではないでしょうか。

 

まとめ

この2つの遠近感を出す技法を意識して水草水槽トップレイアウターの写真を見ると見え方が全然違ってくると思います。

色々レイアウトしていく中で遠近感を出したいと思ったら、色彩遠近法と空気遠近法を上手く使うだけでも水槽内を広く見せる事が出来るでしょう。

 

それでわノシ

 

 

スポンサーリンク