スポンサーリンク

こんばんは、ブラックコーヒーです。

今回は、1月11~12日にかけてリセット立上げした60cm水槽の記事です。

 

スポンサーリンク

リセット前の水槽

まずは、リセット前の水槽写真です。

2015-01-10 21.58.41

水草のストック水槽になっていました。照明の光量が足らず思ったようにストックできていませんでした。

生体は、ラミノーズテトラ2匹・チェリーバルブ1匹・オトシンクルス1匹・ヤマトヌマエビ1匹・ミナミヌマエビ1匹。飛び出して干物になったりでかなり少なくなっていました。餌も4・5日に1回程度でしたので苔もあまり出ず1ヶ月に1回換水する程度で維持してきました。

2015-01-10 21.59.04

 

水槽リセットの理由

最近、有茎草のロタラインディカ(写真右奥)に緑色の粘りのあるような苔(多分これが藍藻なのか?)が着き出してきたので30cm水槽をリセットするのを機会にこの水槽もリセットします。

 

水草・レイアウト素材・ソイルの取り出し

まずは水草や流木等を捕りだします。水草は勿体ないですがミクロソリウム類とニューラージパールグラスのみストックしてあとは全部処分しました。

そして、水をなるべく吸出しバケツにストックしてあとは生体を捕りだし。自分は、この生体を捕まえるのが非常に苦手です。あとから思い出しましたが、ペットボトルの罠をしかけて置けば良かった。

あとは、ソイルの取り出し。

かなりのんびり作業していたら、ここまで4時間費やしていました。

さあ、ここから一気にスピートアップ。おかげでまた、写真撮り忘れたw

 

バックスクリーンを貼り付け

またもや30cm水槽のリセットで使ったバックスクリーンにネットショップのチャームさんでポチッておいたバックスクリーン ARTI(アルティ)60 サンド(65×50cm)を貼り付けて水槽台の上に置いてみました。

 

ADA水槽のミストタイプみたいで非常にいいです。

2015-01-12 13.02.56

水槽にバックスクリーンを貼る意味と効果を色別にまとめてみました
通常水槽を買ってきたら、水槽の背面はもちろん透明です。 その透明さゆえにフィルターの配管やパイプ類、ヒーターの電源コードなどが見えて邪魔くさくなってくる事があります。

またもや空っぽになった水槽を眺めてニヤリ!

いや~、やっぱり空っぽはイイ!

じゃあ、何も入れなければいいじゃんって言われそうですがw

 

続きは、次回へ。

次回記事 60cm水槽 リセット立ち上げ 2

それでわノシ

スポンサーリンク