スポンサーリンク

Nisso プログラムタイマー NT-301

日々の照明やエアレーションのON・OFFの電源管理にプログラムタイマーを使用している方も多いと思います。このプログラムタイマーは、1回設定してしまえばそうそう設定し直す事が少ないでしょう。

しかし、何かの拍子に再度設定をし直そうとしたら、設定の方法が分からずさらに、取扱説明書自体が無くなっていてちょっと苦労する事があります。(自分は、取説を捨てていていましたw)

まあ、そんな時はメーカーのサイトにいって取扱説明書のPDFでもダウンロードすればいいかと思ったらこのNISSOのプログラムタイマー NT-301の詳細ページすらなかったので、設定方法を紹介します。(ほぼ自分用ですがw)

 

スポンサーリンク

ニッソー プログラムタイマーNT-301とは

icon
icon

水槽用の電源を自動管理してくれます。

このNT-301には、全部で4口の電源コンセントが付いていますが、内2口が常時供給電源、残り2口がタイマー管理用になります。

タイマー管理の電源は、独立して電源のON・OFFが設定できます。

ニッソープログラムタイマーNT-301

写真の様になっています。

常時供電源には、ろ過フィルターやヒーター・ヒーターなどの電源を繋いでいます。

タイマー管理の部分には、タイマー1にエアーポンプ、タイマー2に4口コンセントを繋いで照明・CO2添加用の電磁弁の電源用としています。

 

ニッソープログラムタイマーNT-301の設定

現在時刻の設定

ニッソープログラムタイマーNT-301の設定

写真の時計セットのスイッチを左側の時計セット側にずらします。

T1ボタンを押すことで時間、T2ボタンを押すこと分の設定をします。

現在時刻をセットしたら、時計セットのスイッチを右側の時計側にずらすと時計が動き始めます。

 

タイマーT1の設定

NissoプログラムタイマーNT-301

写真のセレクトボタンを1回押すと、タイマーT1の電源ONの時刻設定になります。

時刻表示窓には、

ニッソープログラムタイマーNT-301 T1設定

”1 ON ”と表示されて、現在のタイマーT1電源ONになる時間が表示されています。

この電源ONの時間を設定するには、

ニッソープログラムタイマーNT-301

写真の時(T1)のボタンを押す事で時間部分の設定、

 

ニッソープログラムタイマーNT-301

分(T2)ボタンを押す事で分の設定になります。

電源ONにしたい時刻にセットしたら、スタートのボタンを押してタイマースタートとなります。

 

次に、電源OFFの時刻を設定したい場合は、

NissoプログラムタイマーNT-301

先程のセレクトボタンを2回押すとタイマーT1の電源OFFになる時間を設定できるようになります。

 

画面には、
ニッソープログラムタイマーNT-301

”1 OFF”と表示されて、タイマーT1の電源OFFになる時間が表示されています。

時間の設定は先程の電源ONの時と同じでT1ボタンで時間・T2ボタンで分の設定をします。

タイマー時間をセットしたら、スタートボタンを押してタイマー管理が作動します。

 

タイマーT2の設定

NissoプログラムタイマーNT-301

セレクトボタンを3回押す事により、時刻表示窓に”T2 ON”、4回押す事により”T2 OFF”と表示されタイマーT2の電源ON・OFFの設定が出来ます。

電源ON・OFFの時間設定は、先程のタイマーT1設定の部分と同じで時刻表示窓に”T2 ON”と表示されている時にT1ボタンで時間の設定、T2ボタンで分の設定になります。

タイマー作動時間の設定が終わったら、スタートボタンを押す事を忘れずに。

 

もう一つの機能

ニッソープログラムタイマーNT-301

タイマーがOFF状態の時にOFFになっているボタン(T1もしくはT2)を押すと、通電させる事が出来ます。

写真の状態で、自分の環境(T1にエアーポンプ、T2に照明類)で説明すると、T1のエアーポンプが作動してT2の照明には作動していない状態です。

ここで、T2ボタンを押すと、T2に繋いでいる照明器具に通電されて照明が点灯します。

しかし、逆にON状態時にONのボタン(写真では、T1ボタン)を押しても電源が切れません。

 

まとめ

icon
icon
無駄に長い記事になってしまいました。

ついプログラムタイマーのセレクトボタンを押してしまい、T1・T2ボタンを押すとタイマー作動時間が狂ってしまいますので、注意して下さい。

この記事を読む人がいるのか不明ですが、まあ、自分用の備忘録として記事にしてみましたw

 

それでわノシ

スポンサーリンク