スポンサーリンク

ヘアーグラスショートの水上葉育成

水草は、水中葉と水上葉の2種類の顔を持っています。ヘアーグラスショートを水上葉として育成して発砲スチロール一杯にモサモサする計画の約2ヶ月目です。

前回記事を書いてから約2ヶ月が経過していました。水やり以外、ベランダに放置の状態です。

前回記事 ヘアーグラスショートの水上葉維持

参考記事 ヘアーグラス・ショート 前景草の人気種!草原風レイアウトならこの水草で

 

スポンサーリンク

ヘアーグラスショート水上葉植栽当日

ヘアーグラスショート水上葉

ヘアーグラスショートの水上葉を約2ヶ月前に植栽した時の写真です。

ソイルはリセット後の使い古しです。約2ヶ月前という事で1月中旬頃です。

セット後、ベランダに置いておきました。

 

約2ヶ月後のヘアーグラスショート水上葉の状態

ヘアーグラスショートの水上葉育成

こんな状態です。実際には、ここ2週間位でこれぐらいになったというべきでしょうか。

やはり外気温が10℃位の頃はまだまだ成長してくれませんでした。最近になって外気温も20℃を超える事もありヘアーグラスショートの水上葉も成長しだしました。

ちなみに、自分の住んでいる所は九州南部のどげんかせんといかん所です。雪なんて何年かに1回降る位です。もちろん、積もる事はありません。とても温暖な地域です。

 

少しソイルの底面が深すぎる為、日光が当たっているのですが発砲スチロールの影が当たる所が成長が鈍いです。

葉が白くなっている部分は枯れてしまっている所です。本当はカットした方が見栄えもいいのですが、面倒なのでそのままにしています。

 

水上葉の水やり

水道水でもいいのですが、あえて水槽の飼育水を与えています。水槽にはチッソ・リン酸・カリウムなどの栄養が溶け込んでいるため、敢えて肥料を追加する必要もないと思い水槽水を水やりとして利用しています。

最近は、外気温も暖かくなってきて水の減りも早くなってきました。大体2日に1度程度で水やりしています。

ソイル面より約1cm位上回る位の量を与えています。

 

水上葉のアップ

ヘアーグラスショート水上葉育成

植栽した株のまわりにも少しずつランナーを伸ばしながら成長してきています。

やはり日光が当たる面は成長が著しいです。1株が多すぎた為に、ヘアーグラスショートの葉自体で影を作った部分はまだ新葉が増えていないです。

もうちょっと、1株当たりをバラして植えておけばもっと良かったのでしょう。

 

まとめ

icon
icon
↑画像をクリックすると、チャームの販売ページになります。

次回60cmメイン水槽をリセットしたら、前景草にヘアーグラスショートを使うつもりなので、水上葉で増やしてから使えば楽かなという考えでヘアーグラスショートの水上葉を育成しています。

ちなみに、5月初めにはリセット立上げをするつもりなのであと約1ヶ月でどこまで増えてくれるのでしょうか。

外気温も上がってきたので、成長速度もどんどん上がってくれるでしょう。

 

それではノシ

スポンサーリンク