スポンサーリンク

ルドウィジア・レペンス・ルビン

通常、赤い水草を赤くするには光量を通常より強くし、CO2も多目に添加、そして、鉄分の添加をするなど普通の水草育成の環境よりさらに一段階ハードルが高くなる事が多いです。

しかし、このルドウィジア・レペンス・ルビンは、普通の水草育成環境であれば充分に赤く色付き、それでいて水草の成長自体も遅めと水槽内に赤い水草を入れてみたい場合にはオススメ出来る種です。

 

また、蛍光灯2灯・CO2無添加で育成出来るため水草をこれから始める初心者の方にもオススメです。

そんな、ルドウィジア・レペンス・ルビンを紹介します。

 

スポンサーリンク

水草名 ルドウィジア・レペンス・ルビン

学名 Ludwigia repens “rubin”

 

水草育成データ

PH 弱酸性~中性
硬度 軟水~中硬水
水温 20~28℃
育成光量 蛍光灯2灯~ ★★☆☆☆
CO2(二酸化炭素)添加 添加しなくても育つ ★★☆☆☆
育成難易度 簡単 ★★☆☆☆
成長速度 遅い ★★☆☆☆
草姿 有茎草

あくまでも、育成するだけの条件です。

 

特徴

ルドウィジア・レペンズ・ルビン

※写真は水上葉の状態です。

60cm規格水槽で蛍光灯2灯で育成出来、また、CO2無添加でも赤く色づいてくれる種です。

成長自体も遅めになるので、特別トリミングに追われる事もありません。

しかし、蛍光灯3灯以上・CO2添加を行うと少し早めに成長します。また、そのような環境だと草姿自体も若干大きめに成長します。

 

また、CO2添加を多目にした場合、有茎草全体的に言える事ですが節間が長目になります。

成長してくると、下葉が落ちやすくなり、ぱっとみると茎だけが生えているように見えます。そこで、寂しく見える足元を他の水草で隠すようにレイアウトした方がいいでしょう。

 

茎自体は硬めでトリミングにも強く、脇芽を出しながら増えていきます。

上手く差し戻しをしながら、ボリュームを増していくのもいいと思います。

少なめの光量でCO2無添加でも赤味を保ってくれる水草はなかなか無いです。また、そんな環境でも育成出来る本種はまさに水草を初めて育てる初心者の方にオススメな入門種です。

 

レイアウト

ルドウィジア・レペンス・ルビン

※写真は水上葉の状態

成長自体は若干遅めの種ですが、通常の水草育成環境であればそこまで遅い事もありません。

しかし、ロタラ類と比べると明らかに遅い為、上手くトリミングをコントロール出来るレイアウトに用いるといいでしょう。

 

また、草姿が大き目なので、後景・中景でレイアウトに使う方がいいです。

成長してくると下葉が落ちやすい為、なるべくそのみすぼらしく見える足元を隠すようにした方がいいです。

草姿が違うロタラ系を後景にワンポイントとして用いるとメリハリがあるレイアウトになるのではないでしょうか。

 

コメント

icon
icon
↑画像クリックでチャームの販売ページに飛びます。

蛍光灯2灯・CO2無添加でも赤くなってくれるルドウィジア・レペンス・ルビン。

水上葉から水中葉への展開も簡単で、トリミングにも強い為、まさに水草初心者の方がワンポイントで赤い水草をレイアウトしたい場合などに最適です。

また、蛍光灯3灯以上・CO2添加を行えば、もっとしっかり赤く色づいてくれる為、赤くなる水草を探している方にもオススメです。

 

それでわノシ

スポンサーリンク