スポンサーリンク

アクロTRIANGLE LED GROW600はコスパ抜群の水草育成向けLED照明

アクロが販売している水草育成向けのLED照明、TRIANGLE LED GROW600。
実際に1年半前に購入して、水草水槽用に使用していましたが、しっかりと水草が生長してくれます。
また、二酸化炭素(CO2)もしっかりと管理して添加していくと、水草から多くの気泡が発生するのを眺めることが出来ます。

そんな、コスパ抜群の水草育成向けLED照明であるアクロオリジナルTRIANGLE LED GROW600のレビューなどです。

 

スポンサーリンク

TRIANGLE LED GROW600の仕様

TRIANGLE LED GROW600
TRIANGLE LED GROW600
白色LEDチップには業界最高レベルの発光効率を達成したLEDチップを採用しています。赤・青・緑のLEDチップにも水草育成に優れた最高クラスの品質のLEDチップを採用しています。

 

全光束 3,000lm(1,000lm×3モジュール)
色温度 7,200K
平均演色性 Ra93
消費電力 29.4W
発光角度 記載無し(120°だと思います)
製品寿命 記載無し
本体サイズ 約幅56.2cm×奥行き9.5cm×高さ5cm
発光効率 約102lm/W
照度 LED照明本体直下 2,420lx(実測値)
特長 水草育成を目的に開発されたLEDで、660nm付近の赤の波長が含まれており、全光束も3,000lmと非常に高いです。
電気代 1日当たり約5.9円(1日8時間使用、1kWh=25円の場合)
1ヵ月当たり約176.4円(1ヵ月30日計算)

 

付属品等

TRIANGLE LED GROW600

付属品は、ガラス蓋対応ライトリフト2個(現在、以前はガラス蓋に対応していないライトリフトでした)・吊り下げ金具付ワイヤー200cm×2個です。
LED本体から直接電源コードが伸びており、その長さは150cmとなっています。
60cm水槽にライトリフトを使用して設置するなら、この電源コードの長さでも十分ですが、ライトスタンドに吊り下げて使用するには長さが足らないのが惜しいところです。

ACアダプタが無いので、水槽台中の電源周りはスッキリします。
本体横面に電源のON・OFFスイッチが付いています。

 

照度測定

TRIANGLE LED GROW600の照度測定

このLED照明のTRIANGLE LED GROW600がどれ位の照度があるのか、また、水槽の端の部分でどれ位照度が落ちるのかそ測定してみました。
あくまで、水槽の中に水が入っていない状態なので、水草育成などでは参考にしかなりませんが、水槽の底面まででどれ位照度が減衰するのかを測定してみました。
測定水槽サイズ:60cm水槽(幅600mm×奥行300mm×高さ360mm)、付属のライトリフト設置

 

LED照明直下

TRIANGLE LED GROW600の照度測定

一番LED照明の光が当たり、明るい場所であるLED照明直下の照度(lx)は、3,230lxでした。
ちなみに、参考値としてコトブキフラットLED600の場合、LED照明直下で照度(lx)は実測値で2,050lxでした。
また、GEX CLEAR LED POWER X600の場合は、LED照明直下で照度(lx)は実測値で2,420lxでした。

 

LED照明端側

TRIANGLE LED GROW600の照度測定

次にLED照明本体端側の照度(lx)を測定してみました。
照度計は、2,170lxを示していました。

 

水槽手前側右隅

TRIANGLE LED GROW600の照度測定

最後に、一番照度が落ちる水槽手前の隅の照度を測定してみました。
照度計の値は、2,120lxを示していました。
LED照明直下より、50lx程下がった位でした。

 

他のLED照明と比べてみた感想

TRIANGLE LED GROW600

アクロのTRIANGLE LED GROW600を60cm水槽に設置したみたら、本体が三角形になっているので最近他メーカーから販売されているLED照明等と比べると高さがあるため少し存在感を感じます。
ただし、LED照明内のLED基盤が持つ熱を効率良く放熱するためみたいで、水槽周りで邪魔になるACアダプタが無いので水槽周りはスッキリと配線出来ます。

 

TRIANGLE LED GROW600のLED部

TRIANGLE LED GROW600を点灯させるとLED照明本体が熱くなりますが、触っていられない程熱いというわけではありません。
吊り下げ金具付ワイヤーも付属しているので、別途販売されているTRAIANGLE用ライトスタンドを使用すると、開放感に溢れたオープンスタイルのアクアリウムが楽しめます。

別途販売されているTRAIANGLE用ライトスタンド
TRIANGLE用ライトスタンド 60cm水槽用
TRIANGLE用の吊り下げ専用ライトスタンド!ガラス厚5~12mmまでのフレームレス水槽に対応。
耐荷重:8kg(両端近くに吊り下げる場合)

色温度が7,200Kなので、LED照明の光具合は白と言うより少し黄色味が強い印象ですが、演色性がRa93と高いため水草の色味は綺麗に観えます。
このTRIANGLE LED GROW6001灯で、グリーンロタラも匍匐するように生長したり、前景草になるニューラージパールグラスも絨毯化したりする程です。
発光効率も1W当り約102lmもあり、60cm規格水槽での水草水槽の場合はこの1灯で十分ですが、奥行きが45cmになるタイプだと流石に光の届く範囲が限られてくるので、2灯は必要になってくるでしょう。

また、販売価格も今は安定しており(9,000円前後)大きな販売価格の上下も無く、他メーカーのLED照明と比べても非常にコストパフォーマンスに優れている水草育成向けのLED照明です。
TRIANGLE LED GROW600は60cm幅に対応したLED照明ですが、他に30cm・45cm・90cm・120cm用も販売されているので水槽サイズに合わせて購入しやすいのもオススメな点です。

 

TRIANGLE LED GROW600のデメリット

敢えてデメリットをあげるなら、三角径形の独自の見た目が好みが分かれるところでしょうか。
後、水草がしっかりと生長する程の光量ということで、しっかりと管理をしないとあっという間に水槽がコケまみれになってしまうことでしょうw

水草水槽のLED照明の中では1番にコストパフォーマンスに優れたいい商品ですが、このTRIANGLE LED GROW600を使うなら最初から大量の水草を植えておかないと、コケ育成になってしまう程の光量を持っています。

 

まとめ

TRIANGLE LED GROW600
TRIANGLE LED GROW600
白色LEDチップには業界最高レベルの発光効率を達成したLEDチップを採用しています。赤・青・緑のLEDチップにも水草育成に優れた最高クラスの品質のLEDチップを採用しています。

1灯で3,000lmの光量があり、60cm規格水槽に設置した場合には大抵の水草を育成することが出来るLED照明のTRIANGLE LED GROW600。
赤の波長も含んでいることから、水草育成には非常に有利になり、発光効率も高いです。
また、市販されているLED照明の中でもコストパフォーマンスに非常に優れているので、もし水草育成を考えている方には是非ともオススメしたLED照明になります。

ただし、このTRIANGLE LED GROW600を使用する場合は、光量が非常に高いのでコケ対策も考えながら、最初から水草を大量に植栽することをオススメします。

 

ノシ

スポンサーリンク