スポンサーリンク

前回(水槽の水換えによるPH変化2)と前々回(水槽の水変えによるPH変化1)の続きです。

スポンサーリンク

水道水のpH

 

前回の記事と同じ時間に水換えを行っていますので、pH7.3となっています。ほぼ中性付近です。

 

ソイルのみ30cm水草水槽

ニューラージパールグラス

この30cm水槽は、1/11に立ち上げた水槽です。pHの記録は1週間後の水換え時に測定しています。ソイルはプラチナソイルブラックのパウダータイプのみになります。山谷石をとりあえず配石してあります。

30cm水槽リセット立上げ1~3

 

水換え前のpH

30cm水槽水換え前のPH

水換え前のpHを測定してみると、pH6.2を指しています。6.2? おっ? 水道水のpHが7.3なので1.1下がっています。CO2は無添加です。エアレーションも特別していません。フィルターの排水口が水面を揺らしているだけです。

これ他の水槽と同じ様に一気に1/3の水換えしたらpHが急激に変化してしまうのでは。という事で1/4の水換えにしてみました。

水質に敏感なビーシュリンプがいる水槽です。下手したらpHショックを受けるのでは?リセット立上げ後最初の水換えですので慎重にどれくらいpHが変化するか確認してみます。

 

 

水換え後のpH

30cm水槽水換え後のPH

水換え直後のpHは6.9を指しています。pHの変化は0.7上がりました。あぶなかったかも?

1/4の水換えで0.6変動しましたので、他の水槽と同じ様に1/3換えていたら一気にpHが0.8~0.9ぐらい変わっていたかもしれません。

とりあえずpH測定していて良かったです。レッドビーシュリンプがpHショックを受けていたかもしれませんでした。

 

水換えしてから6時間後のpH

水換え6時間後のPH

水換え後、6時間たった30cm水槽のpHを測ってみたら今度はpH6.3を指していました。水換え直後がpH6.9で今回がPH6.3です。

6時間で今度は0.6の変動になります。6時間近くの中でpHが変動して大丈夫なのかと思いましたが、レッドビーシュリンプは元気にツマツマしていました。

この記事を書いている日もレッドビーシュリンプは1匹も落ちる事無く、元気にツマツマしています。

 

まとめ

プラチナソイル・ブラックのpHを下げる効果がはっきりと分かりました。逆にこれだけの水換えでもpHが大きく変動してしまう事も分かりました。

水質に敏感な生体は、水換え時、ソイルのみの水槽ならちょっと気を使って水換えしないと逆に大変な事になりそうです。

他の水槽と違って、この30cm水槽はドバドバ水換え出来ませんね。それが分かっただけでもpH測定してみて良かったです。

それでわノシ

スポンサーリンク