スポンサーリンク

ストロギネ・レペンス

背丈が成長してもあまり高くならず、光量が強ければ横に這うような形で成長をしてくれるストロギネ・レペンス。

CO2無添加でも成長してくれますが、光量が少なければもともと遅い成長に拍車が掛かって遅くなります。

光量をしっかり当てて育てても背丈が10cm程度の高さにしかならない特長を生かして、前景にも使えまた、前景から中景の繫ぎでも使える水草です。

そんな、ストロギネ・レペンスを紹介します。

 

スポンサーリンク

水草名 ストロギネ・レペンス

学名 Staurogyne repens

別名 ストロジンsp.

 

水草育成データ

PH 弱酸性~中性
硬度 軟水~中硬水
水温 20~28℃
育成光量 蛍光灯3灯~ ★★★☆☆
CO2(二酸化炭素)添加 添加しなくても育つ ★★☆☆☆
育成難易度 普通 ★★★☆☆
成長速度 遅い ★★☆☆☆
草姿 有茎草

あくまでも、育成するだけの条件です。

 

CO2無添加でも成長しますが、CO2添加した方が早く成長します。

早く成長するといっても、もともと成長が遅い部類ですので、あくまでCO2無添加よりは早いということです。

光量がきちんと当たれば前景にも使えます。

 

特徴

ストロギネ・レペンス

ハイグロフィラの仲間の水草で、葉の大きさが茎よりも大きいため茎自体はあまりみえません。

光量を強く当ててあげれば、横に匍匐するように成長します。

しかし、成長自体が遅い部類に入るためこのストロギネ・レペンスだけで景観を作るなら最初からそれなりの数を植えないとなかなかレイアウト自体まとまりません。

 

丈夫な水草なので、茎に数枚の葉が付いた状態からでも、しっかり育てて上げればいつのまにか成長しています。

目に見えて成長しないので逆にトリミングに追われる事はありません。

CO2を添加しなくても育ちますが、陰性水草を育てる程度の光量では上手く成長してくれません。光量は特に重要になってきます。

 

レイアウト

ストロギネ・レペンス

写真の様なレイアウトに用いる場合は、最初からそれなりの数が必要でしょう。増やしながらレイアウトに用いるより必要本数をまとめて購入してレイアウトに用いた方がいいでしょう。

前景~中景にかけて用いると成長しても背丈が高くならないので上手くレイアウト出来るのではないでしょうか。

 

また、後景の水草の足元に植えるのもいいかもしれません。成長自体が遅いので足元がスカスカになり易い後景の水草を使えば、その足元を上手く隠してくれるでしょう。

前景~中景のワンポイントに使っても面白いかもしれません。

 

コメント

icon
icon
↑画像クリックでチャームの販売ページに飛びます。

前景~中景にも使える水草のストロギネ・レペンス。

葉の形が小さい種類が多い前景草のワンポイントや中景、後景の足元などと色々な使い方が出来ます。

背丈があまり高くならない特長を生かして、水草のレイアウトに用いてみて下さい。

 

それでわノシ

スポンサーリンク