スポンサーリンク

ニューラージパールグラス

初心者向けの前景草としても人気のあるニューラージパールグラス。

ほぼ匍匐して生長していく有茎草で前景に使えて生長速度も早い部類に入ります。

ラージパールグラスと同じ様に明るく丸い葉を持ち底面を這って生長していくので前景草として有望な種類の水草で気泡も付けやすい種類です。

 

また、育成自体も簡単な部類の水草なので初心者にもオススメな前景向きの水草です。

そんな、ニューラージパールグラスを紹介します。

 

スポンサーリンク

水草名 ニューラージパールグラス

学名 Micanthemum sp.

 

水草育成データ

pH 弱酸性~中性
硬度 軟水~中硬水
水温 20~26℃
育成光量 蛍光灯2灯~ ★★☆☆☆
CO2(二酸化炭素)添加 添加しなくても育つ ★★☆☆☆
育成難易度 簡単 ★★☆☆☆
生長速度 早い ★★★★☆
草姿 有茎草

※60cm水槽での育成データです。

あくまでも、育成するだけの条件です。
※CO2を添加してあげた方が生長が早く、ニューラージパールグラスの調子が上がりやすいです。

 

特長

最初の方でも書きましたが、明るく丸い葉の有茎草でほぼ底面を這って生長します。生長速度も早めな為いろいろな所に這って行きます。

ソイルで育成した方が生長は早いですが、田砂等でも根を出して水中の養分を吸収して生長していきます。

ソイルは水草水槽の底床に最適!その特徴やおすすめソイル。
水槽の底床材は、大磯砂や田砂などが考えられますが、やはり水草水槽となるとソイルしかないと思います。 決して大磯砂などでは、水草が育てられないわけでは無く、通常の水草が

 

生長していくとだんんだんと折り重なって行きます。折り重なった下の方の葉は黄色くなり枯れかけていきますので早めのトリミングで上手くコントロールして下さい。

 ソイル、CO2添加、液肥主体で育成し易いと思います。

超軟水の水質だと育成は難しいみたいです。出来れば多少の硬度があった方が調子が出やすいです。

アクアリウムにおける水質に関する基礎知識!
水槽の水質の状態を知っておいた方がいい項目として、pH・アンモニア・亜硝酸・硝酸など多くの判断項目があります。 水槽を立ち上げたばかりの時の水質と、水が出来上がってき

 

生長速度 植栽当日

ニューラージパールグラス

この時は初めての水草でしたので本当に適当に植栽しました。

 

生長速度 植栽1ヶ月後

ニューラージパールグラス

植栽から1ヶ月後にはどんどん這い出して、田砂とソイルを区分けしている石を乗り越えて這っていってます。

 

生長速度 3ヵ月後

ニューラージパールグラス

植栽3ヶ月後の写真です。底面を相当這ってさらに幾重にも折り重なっています。

 

注意点

生長速度が速い水草の部類に入るニューラージパールグラスですが、一度調子を崩してしまうと、再度調子を戻すまでに相当時間が掛かることがあります。
調子が悪い時は、水替えの回数を通常より多くし、思い切ってトリミングをして刺激を与えるのも調子を戻すのに有効です。

 

コメント

ニューラージパールグラス 水上葉
参考価格 1,000円~

ニューラージパールグラスを水草レイアウトに使う場合には、間違いなく前景草として使用するのがいいと思います。
これほど簡単に匍匐(ほふく)して底面を埋め尽くしてくれる水草も多くはありません。
この特徴をいかして、ニューラージーパールグラス1種のみの水草レイアウトも非常に面白そうです。

普通の水草育成環境なら育成し易い種類の前景草だと思います。

現在、30cm水槽でニューラージパールグラスのみでの水草レイアウトに挑戦しています。

 

それでわノシ

スポンサーリンク