GEX CLEAR LED POWER X600はフレームレス水槽と一体感を出してくれるLED照明!

LED照明のCLEAR LED POWER X600 器具・ツール
この記事は約4分で読めます。

アクアリウム用品メーカーのGEXから2017年2月に新しく発売された、水槽用LED照明の「CLEAR LED POWER X600」。

早速、購入して水槽に設置してみましたが、60cm水槽幅にジャストフィットしており、本体の薄さもあってフレームレス水槽との一体感がかなり出て見た目はかなりいいです。

そんな、水槽用LED照明の「GEX CLEAR LED POWER X600」のレビューなどです。

スポンサーリンク

CLEAR LED POWER X600の仕様

ジェックス
¥6,510 (2020/05/26 05:22:00時点 Amazon調べ-詳細)
ハイパワー高輝度SMD LEDを採用し、圧倒的な明るさを実現しました。色温度11,000Kの爽やかな白で、水の透明感を演出します。
従来品のように青・赤・白色LEDで作り出す人工的な白色ではなく、白色LEDだけで演色性Ra82を実現しました。
全光束 1,400lm
色温度 11,000K
平均演色性 Ra82
消費電力 22W
発光角度  記載無し(120°だと思います)
製品寿命  記載無し
本体サイズ  約幅59.5cm×奥行き7.0cm×高さ0.9cm
発光効率 約63.6lm/W
照度 LED照明本体直下 2,420lx(実測値)
特長 本体の薄型アルミボディは、薄さ8mmのフラットデザインで水槽に設置しても目立ちません。
電気代 1日当たり約4.4円(1日8時間使用、1kWh=25円の場合)
1ヵ月当たり約132円(1ヵ月30日計算)

付属品等

CLEAR LED POWER X600の付属品

付属品は、ライトリフト2個・ACアダプタです。ACアダプタは、特別大きなサイズでは無く無難なサイズです。

CLEAR LED POWER X600本体から出ている電源コードの途中に、照明点灯のON・OFFスイッチが付いています。

また、ACアダプタはジャック式で接続するタイプで、本体コード長が約1.0m、アダプターコード長が約1.8mあるので、結構長めで取り回しに苦労する事は無いです。

ライトリフトはLED本体側面に差し込むようになっていますが、ライトリフトの本体に差し込む部分にツメが付いているので、一度差し込んでしまうと簡単には外せないようになっています。

 

ただし、上記画像のように多少はスライドするので、完全にライトリフトが動かないわけでは無いので、ガラス蓋を付けていない水槽に設置する場合は、ライトリフトがズレてしまってLED本体を水没させてしまわないように注意が必要です。

照度測定

このLED照明のCLEAR LED POWER X600がどれ位の照度があるのか、また、水槽の端の部分でどれ位照度が落ちるのかを測定してみました。

あくまで、水槽の中に水が入っていない状態なので、水草育成などでは参考にしかなりませんが、水槽の底面まででどれ位照度が減衰するのかを測定してみました。

測定水槽サイズ:60cm水槽(幅600mm×奥行300mm×高さ360mm)、付属のライトリフト設置

LED照明直下

LED照明のCLEAR LED POWER X600の照度測定

一番LED照明の光が当たり、明るい場所であるLED照明直下の照度(lx)は、2,420lxでした。
ちなみに、ライバル商品になるであろうコトブキフラットLED600の場合、LED照明直下で照度(lx)は実測値で2,050lxでした。

LED照明端側

LED照明のCLEAR LED POWER X600の照度測定

次にLED照明本体端側の照度(lx)を測定してみました。
照度計は、1,820lxを示していました。

水槽手前側右隅

LED照明のCLEAR LED POWER X600の照度測定

最後に、一番照度が落ちる水槽手前の隅の照度を測定してみました。照度計の値は、1,710lxを示していました。

LED照明直下より、710lx程下がっていました。

他のLED照明と比べてみた感想

GEX CLEAR LED POWER X600のレビュー

GEXのCLEAR LED POWER X600を60cm水槽に設置したみたら、横幅がライトスタンドを付けるとほぼピッタリサイズなので、フレームレス水槽とLED照明が一体になってるような感じになります。
また、本体カラーがブラックなので、水槽のバックスクリーンが黒背景だとさらに一体感が増します。

色温度が11,000Kなので、LED照明の光具合は白と言うより、青白い印象になります。コトブキフラットLEDと比べるとGEXのCLEAR LED POWER X600の方が色温度が高い分、やはり青白く感じます。

水草育成を考えた場合

このLED照明一つだと、生長の早いロタラ・ロトンディフォリアなどなら育成可能でしょうが、光量を必要とする陽性水草の場合2~3つは必要になってくると思います。

シダ類やアヌビアス類、ウィローモスなど陰性水草に属する水草なら、この「CLEAR LED POWER X600」1灯で十分育成可能だと思います。

まとめ

ジェックス
¥6,510 (2020/05/26 05:22:00時点 Amazon調べ-詳細)
ハイパワー高輝度SMD LEDを採用し、圧倒的な明るさを実現しました。色温度11,000Kの爽やかな白で、水の透明感を演出します。
従来品のように青・赤・白色LEDで作り出す人工的な白色ではなく、白色LEDだけで演色性Ra82を実現しました。

色温度が11,000Kで照明の光が青白く見えるのが特長の「GEX CLEAR LED POWER X600」。本体の厚みも8mmと薄く、60cm水槽に設置したら水槽と照明の一体感が増します。

本体の発熱もほんのり暖かい位なので、夏場の水温対策にもなります。特にLED照明の色が青白いのが好みの方には、オススメのLED照明です。

器具・ツール
スポンサーリンク
ブラックコーヒー

2012年夏に娘が2匹のミナミヌマエビを貰って来たのが事の始まり。
アラフォーのおっちゃんです。
アクアリウムでの失敗なども記録しているので、反面教師にしてもらえば嬉しいです(笑
嫁・息子1・娘1匹と生活しています。

ブラックコーヒーをフォローする
ブラックコーヒーをフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム初心者

コメント

タイトルとURLをコピーしました