スポンサーリンク

ヤマトヌマエビ

水草水槽に入れるコケ取りエビとして定番なヤマトヌマエビ。何はともあれ苔の予防や駆除目的で水槽に入れているアクアリストの方も多いと思います。

他のコケ取りエビに比べて体のサイズが大きいため余り多く入れすぎると、逆に目立ってしまうぐらい存在感があります。

しかし、コケ取り能力は優秀で水槽にヤマトヌマエビを入れているかどうかで、苔の発生具合に影響を与えるくらいです。

 

そんな苔取りエビの定番種のヤマトヌマエビを紹介します。

 

スポンサーリンク

ヤマトヌマエビ

学名

C.denticulata

 

通称

ヤマトヌマエビ

アマノシュリンプ(ADAの天野氏がコケ取りエビとして海外にも広めた為、海外ではヤマトヌマエビよりアマノシュリンプとして有名です。)

 

大きさ

オスの方が小さく3cm~4cm程度。

メスはオスよりも一回り大きく、4cm~6cm程度。

 

ヤマトヌマエビの好みの水質・水温

水温 20~28℃

28℃を超えた辺りから、ポツリポツリと落ちていく個体が増えます。エアレーションをしっかりして、水槽内の溶存酸素濃度を確保してあげれば28℃を超える日が続いてもそこそこ大丈夫です。

また、魚よりアンモニアや亜硝酸、硝酸塩濃度に弱いため、先に影響が出ます。

pHに関しては、弱酸性~弱アルカリ性まで幅広く順応してくれます。

 

ただし、水槽への導入時は水質・水温の変化に弱い面があるので、しっかり水合わせをすれば大丈夫です。

 

ヤマトヌマエビのコケ取り能力

ヤマトヌマエビ

60cm水槽を基準として考えた場合、苔発生の予防なら水槽内に5匹程度入れておけば十分その役目を果たしてくれます。

逆に水槽内にコケが蔓延した状態なら10匹以上入れた方がいいでしょう。

 

コケ取りエビとして同種以外でミナミヌマエビがいますが、体の大きさの違いからかミナミヌマエビ10匹でヤマトヌマエビ1匹のコケ取り能力に例えられるぐらいヤマトヌマエビのコケ取り能力は高いです。

参考記事:コケには自家繁殖させて数で勝負だミナミヌマエビ!

 

緑藻・アオミドロ類の苔駆除には期待出来ますが、それ以外の苔は他の生体を導入した方がいいです。

また、ガラス面に付いた苔も食べようとしますが、それよりも流木・石・ソイル・水草に発生したコケの駆除に能力を発揮します。

黒髭苔駆除:黒髭苔を食べてくれる生物兵器!サイアミーズ・フライングフォックス

ガラス面の苔駆除:苔取り貝・フネアマ貝

珪藻類の駆除:オトシンクルス 水槽立ち上げ初期に発生する珪藻を食べてくれる熱帯魚

 

ヤマトヌマエビの寿命

2~3年以上。

しかし、上記年数の寿命を全うするヤマトヌマエビは少数でしょう。

特に水槽外に脱走する事があるので、なかなか永い期間生きてくれる事が少ないです。

また、エビに寄生する寄生虫がいます。この寄生虫の影響で寿命を迎える前に死んでしまう事もあります。

淡水エビを宿主にする寄生・共生している虫!その種類や駆除方法など
水槽で飼育する淡水エビの種類は数多くいますが、そのエビを宿主とする寄生虫も思いの外います。 そこで、今飼育しているエビに寄生虫が発生したのを機に色々調べてみました。

 

ヤマトヌマエビの繁殖

ヤマトヌマエビの幼生は、汽水若しくは海水の環境でないと成長しないらしく、淡水水槽下での繁殖は非常に難しいです。

抱卵自体はしますが、成長する事が出来ず通常の淡水水槽環境で数が増えて困る事はありません。

 

雑食性の為、特別な餌等は必要ないでしょう。

もし、他に熱帯魚等を飼っている状態なら熱帯魚に与えた餌の残り等を食べて処理してくれます。熱帯魚に与えた餌を抱え持っていく事もあります。

餌の量が足らず飢えた状態であれば、弱った熱帯魚を襲ったりする事もあります。

 

しかし、他の熱帯魚と混泳している環境であれば熱帯魚の餌の残りで十分です。

底物系の熱帯魚への餌を勝手に抱えて持っていったりするぐらい餌に対して貪欲な面もみせます。

 

常に餌を求めて動いています。そのため思った以上に糞をしています。

底床が砂系で特に白い物はその糞が目立ってしまうぐらいです。

 

ヤマトヌマエビのまとめ

icon
icon
↑画像をクリックするとチャームの販売ページになります。
水槽内での藻類の駆除など、色々な魅力を見せてくれるヤマトヌマエビ。水槽内で繁殖する事が難しいため、数が減ってきたら藻が発生してきたりと苔予防の点でその能力を見せてくれます。

コケ取りとしては、定番種な為ホームセンターや熱帯魚ショップなど、どこでも入手し易いのも魅力の一つです。

 

それでわノシ

スポンサーリンク