スポンサーリンク

自作カリウム液肥の作り方

水草へ与える肥料として、チッソ・リン・カリウムがありますが、水槽内ではチッソとリンは熱帯魚への餌などから供給されます。

しかし、カリウムについては水槽内へ添加しなければ絶対的に不足してしまうと言われています。

という事で、水草水槽をする上で毎日のように添加するのがカリウムを主体とした液体肥料になってきます。

 

毎日使う消耗品的扱いのカリウム液肥ですが、これを普通の液体肥料として売られている形で購入すると結構な金額になります。

そこで、このカリウム液肥を自作してみようと言う事です。

 

まあ、他の方なども紹介している方法なので真新しさはありませんが。

 

スポンサーリンク

カリウム液肥を自分で作る

自作カリウム液肥の作り方

画像の左から、炭酸カリウム・精製水・プッシュボトルになります。

500mlのカリウム液肥を作る場合、50gの炭酸カリウムに精製水500mlで10%濃度のカリウム液肥が作れます。

 

炭酸カリウム

カリウム液肥の元になる、炭酸カリウムです。
icon
icon
↑チャームで50g、200円程度で販売しています。

 

精製水

使用頻度が多い方は水道水でも良いみたいですが、1日2~3ml程度の使用量だと使い切るのに3ヶ月以上かかるので精製水の方がいいのではないでしょうか。

ドラッグストアなどで、500mlで100円程度で販売されています。

 

プッシュボトル

100均でも500mlのプッシュボトルが販売されているので、それでも十分でしょう。

あとは、1プッシュが何mlになるのかを把握しておかないといけませんが。

自分の場合は、ADAが販売しているグリーンブライティの空きボトルを利用しています。

 

カリウム液肥の作り方

それでは、カリウム液肥を作っていきましょう。

何も難しい事はありませんが。

 

空のプッシュボトルに炭酸カリウムを入れる

プッシュボトルに炭酸カリウムを入れる

空のプッシュボトルに炭酸カリウムを入れます。

このさいロートを使うととても便利です。

ちなみに、自分の場合は250mlのプッシュボトルなので炭酸カリウムの量も半分の25g入れます。

 

炭酸カリウムを入れる

 

精製水を加える

精製水を入れる

炭酸カリウムが入ったプッシュボトルに精製水を入れていきます。

精製水に炭酸カリウムが溶け出すと、プッシュボトルが温かくなってきます。

ボトル一杯まで入れ、底に炭酸カリウムが沈殿しているようなら、ボトルにキャップをしてシェイクしてみて下さい。

 

カリウム液肥

これで、自作カリウム液肥の完成です。

かなり簡単にそして、低コストで作れます。

 

カリウム液肥のpH

炭酸カリウムは、強アルカリ性ということで、自作するさいに肌に付いた場合などは、水でしっかり洗い流して下さい。

精製水のpH

ちょっと見づらいですが、精製水のpHを計ってみました。

pH7.0を指しています。

 

そこに、炭酸カリウムを加えた後のカリウム液肥のpHを測定してみます。

カリウム液肥のpH

自作カリウム液肥のpHは12.2を指しています。

強アルカリ性です。

これを水槽に添加していくので、添加するさいには注意して添加していかないといけませんね。

水槽にカリウム液体肥料を投入した時のpHを測定!
水草水槽をしていると水草が必要とする必須元素を補給するために、液体肥料の添加を毎日だったり、1週間の水換え時だったりそれぞれの水草水槽の環境などに合わせて液体肥料(主にカリ

 

まとめ

水草水槽では消耗品になるカリウム液肥。

当たり前に販売されているカリウム液肥を購入したら2,500程度かかったりしますが、自分でカリウム液肥を作ってしまえば300円程度で作れてしまいます。

 

これだけ安く自作出来るなら、自分でカリウム液肥を作って水草育成に活用し、浮いたお金で別の必要な物を買うなどが出来てしまいます。

 

それではノシ

スポンサーリンク