プリステラ 透通った体で背びれにアクセントがある群泳しやすい熱帯魚!

プリステラ 熱帯魚

透通った体に背びれに白・黒・黄色のアクセントがあるプリステラ。

とても丈夫で群泳しやすく水草水槽にもよく栄えてくれます。

性格も温和で初心者にもオススメしやすく、また、飼いやすい熱帯魚です。

そんな、プリステラの飼育方法を解説します。

スポンサーリンク

プリステラ

熱帯魚プリステラ
プリステラ
古くから小型カラシンの入門魚として親しまれ、清涼感のある体色にワンポイントの黄、黒、白の模様を持つ背ビレ、赤く染まる尾ビレが特徴的な種です。
参考価格:6匹 800円~

学名

Pristella maxillaris

通称

プリステラ

大きさ

最大4.5cm程度

好みの水質

水温 20~28℃

pH 弱酸性~中性

硬度 軟水~中硬水

水質への適応範囲も広く、また、とても丈夫な熱帯魚なので初心者にもオススメの種です。

遊泳・群泳性

小型のカラシンの仲間ですが、遊泳性があります。

遊泳層は、普段は中層~低層にかけて泳いでいますが、エサを投入すると水面まで食べにきます。

群泳もしやすく、ある程度の数(10匹以上)を一緒に泳がせてあげると、群泳を作ってくれます。

 

少ない数だと、水草の陰に隠れてしまう事が多くなるので、出来れば同種を多めに入れた方が本種の魅力を堪能する事が出来ます。

遊泳性がある事から、ふとしたことで水槽外に飛び出す事があるので、水槽には蓋をした方がいいでしょう。

性格

温和な性格で他魚に対して普段攻撃を加えたりする事はありません。

他魚との混泳にも適しています。

繁殖期に入ると同種同士でフィンスプレッドをしたりしていますが、徹底的に追いかけまわしたりはしないです。

寿命

3~5年

人工飼料や冷凍赤虫など何でも食べます。

水面に浮かんでいる餌も突いて食べにきたりします。

混泳について

捕食される様な大きさの魚とかじゃなければ、大丈夫です。

餌に対して貪欲な位なので、エサ捕りが苦手な種が混泳魚にいる場合は、そちらの方にエサが渡るように工夫をしないといけないかもしれません。

まとめとして

熱帯魚プリステラ
プリステラ
古くから小型カラシンの入門魚として親しまれ、清涼感のある体色にワンポイントの黄、黒、白の模様を持つ背ビレ、赤く染まる尾ビレが特徴的な種です。
参考価格:6匹 800円~

透通った体色で、背びれに特徴的なアクセントがあるプリステラ。

また、その体色から水草水槽に群泳させたら非常に爽やかな印象の水槽になるでしょう。

水質への適応範囲も広く、群泳もしやすく、丈夫で温和な熱帯魚なので初心者の方にもオススメの種です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました