スポンサーリンク

水槽のpHについての基礎知識!

水槽の水質管理で重要な項目であるpH。

飼育している熱帯魚が好みのpH適正範囲を大きく超えてしまった場合などは、調子を崩してしまったりします。

水草においては、ほとんどの水草が弱酸性の水質を好むなどと言われているほど、生体や水草にとって水槽水のpHは大きな影響を与えます。

 

そこで、水槽水質を管理する上で重要なpHについての基礎知識とpH測定の方法などを解説します。

 

スポンサーリンク

pH(ペーハー、ピーエッチ)

pHの意味

pHは、水に含まれる水素イオン濃度指数を表し、この指数が小さいと酸性・大きいとアルカリ性となります。

アクアリウムでは、熱帯魚やエビ、水草などの飼育する生体や植物等によって、好みが分かれるため水槽という飼育環境ではこの指数が大きな影響を与えます。

購入してきた生体が飼育されていた水槽水のpHと、これから飼育しようとする水槽水のpHが違い過ぎた場合、そのまま生体を水槽に入れるとpHショックという状態で熱帯魚やエビ等が水槽内で暴れまわる程の影響を与えるため、生体を飼育する上で大事な指数となります。

 

また、pHがアルカリ性よりだと水槽内のアンモニアの毒性がさらに高くなるなどもあります。

淡水熱帯魚の場合、弱酸性から中性を好む場合が多く、また、逆に海水魚の場合は弱アルカリ性を好む等飼育環境でもこのpHの指数は重要となってきます。

 

アクアリウムにおけるpHが示す酸性やアルカリ性

通常、良く触れる機会が多い石鹸や洗剤などの弱酸性や弱アルカリ性の範囲を表すpH値とアクアリウムなどで示されている弱酸性や弱アルカリ性のpHの範囲は違っています。

家庭用品品質表示法におけるpHの範囲
pH 液性
3.0未満 酸性
3.0以上6.0未満 弱酸性
6.0以上8.0以下 中性
8.0を超えて11.0以下 弱アルカリ性
11.0を超えるもの アルカリ性

上記表が、一般的に知られている弱酸性や弱アルカリ性の範囲です。

しかし、このpHの値をアクアリウムの世界へそのまま適用すると水槽内の生態系に大きな影響を与えてしまいます

 

弱酸性が好みの淡水魚だとして、この表のpHに当てはめて水槽水を3.0~6.0の範囲に収めると熱帯魚が適応するべき水質のpHが低すぎて逆に体調を崩したり、水槽内でのろ過バクテリアの活動自体が鈍くなりアンモニアや亜硝酸の分解に大きな影響が出てきたりします。

 

という事で、アクアリウム上では一般的なpHの範囲が違って表されています。

しかし、必ずしもこの範囲であるという定義されているような物は無いです。

アクアリウムにおけるpHの範囲
pH 液性
~6.0未満 酸性
6.0以上7.0未満 弱酸性
7.0あたり 中性
7.0以上8.0未満 弱アルカリ性
8.0以上 アルカリ性

このようにアクアリウムではpHの範囲で弱酸性や弱アルカリ性などを表している事が多いです。

 

水槽内のpHが変動する原因

水槽の水には、水道の水を使うケースが多いと思いますが通常の水道水のpHの範囲は水道水質基準値として、pH5.8~8.6と定められています。

実際には、蛇口から出てくる水のpHは6.8~7.2前後の場合が多いのではないでしょうか。

お住まいの水道局のWebサイト上に水質検査結果などが公表されているので、それらを事前に確認したりしておくだけでも水道水のpHがおおよそどれ位かを把握しておく事が出来ます。

 

そして、この水道から出る水を水槽水として使っていっても、時間の経過や水槽内に設置している物によってpHが変動していきます

 

水槽水のpHを下げる要因

まず、水槽の飼育水のpHを下げる要因として次の事が考えられます。

  • 底床などに新しいソイルを使用している場合
  • CO2を添加している場合
  • pH降下剤を使用した場合
  • 硝酸やリン酸が多く蓄積している場合
  • 腐食酸などを含む物を水槽内に入れた場合

 

これらの事が要因で、水槽水のpHが下がっていきます。

 

底床などに新しいソイルを使用している場合

新しいソイルは、pHと相関関係にあるKHを下げる効果があります。それらが原因で新しいソイルを用いた直後はpHが下がりやすい状態となります。

プラチナソイルブラック 約3ヶ月後のpH弱酸性効果を検証
こんばんは、ブラックコーヒー(@blackcoffee55)です。 水槽内のpHやKHを引き下げ弱酸性の軟水環境を作る吸着系ソイルとして有名なプラチナソイル。

 

CO2を添加している場合

水草水槽などでCO2を強制添加している場合なども、KHやCO2添加量との関係でpHが下がりやすい状態となります。

 

pH降下剤を使用した場合

このようなKHを下げる製品を使用した場合にもpHは下がりやすい状態となります。

 

硝酸やリン酸の蓄積。

生体への餌やフン、餌などの分解生成の最終物質として、硝酸やリン酸が水槽内に溜まってきます。
それらが水槽水を弱酸性へ傾けていきます。

 

腐食酸などを含む物を水槽内に入れた場合。

レイアウトに用いる流木などから出てくる腐食酸なども水槽水のpHを弱酸性に傾けます。

流木のアク抜き方法と茶色くなる水の秘密!
水槽内に流木や石を入れると趣が出て、何も入っていない水槽と比べると雰囲気がまるで違ってきます。 しかし、買ってきたりもしくは、採集してきた流木をただ水で洗ってから水槽

 

また、流木などを使わずにマジックリーフなどを水槽内に入れる事により水槽水を弱酸性状態に出来ます。
iconicon
袋に個別に入っているのでとても使いやすいタイプです。

 

水槽水のpHを上げる要因

次に水槽水のpHが上げる要因として次の事が考えられます。

  • 水草への肥料(カリウム)
  • サンゴや貝殻類を水槽に入れた場合
  • レイアウトで用いる石
  • pH上昇剤を使用した場合
  • 硝酸やリン酸を吸着する物を使用した場合

これらの事が要因となり、水槽水のpHが上がっていきます。

 

水草への肥料(カリウム)

カリウム肥料は、アルカリ性を示します。
そのカリウム肥料を水槽内に添加したりすると水槽水はアルカリよりになっていきます。

水槽にカリウム液体肥料を投入した時のpHを測定!
水草水槽をしていると水草が必要とする必須元素を補給するために、液体肥料の添加を毎日だったり、1週間の水換え時だったりそれぞれの水草水槽の環境などに合わせて液体肥料(主にカリ

 

サンゴや貝殻類

iconicon
サンゴや貝殻類にはカルシウムなどが多く含まれているので、水中に溶け出した場合にKHが上昇しそれによりpHが上がっていきます。

 

レイアウトで使われる石類

レイアウトなどで使われる石などには、大なり小なりカルシウムやマグネシウムが含まれています。

そのカルシウムやマグネシウムを多く含む石は水槽水のKHを上昇させます。KHが上昇するとpHが上がりやすくなっていきます。

 

pH上昇剤を使用した場合

iconicon
これらのような、pH上昇剤を使用する事により水槽水のpHを上げる事が出来ます。

ただし、いきなり大量に使用すると思いがけずpHが上昇し過ぎてしまうので、少量から使い始めて適宜調整していく必要があります。

 

硝酸やリン酸を吸着する物質

硝酸やリン酸が蓄積すると、水槽水は弱酸性へと傾いていきますが、それらを吸着する物を使うと逆に弱アルカリ性へと傾けていく可能性もあります。

これらの物を水槽水へ添加や使用する事で、pHを上げて弱アルカリ性の水質へと変化させる事が出来ます。

 

pH測定方法

水槽水のpHを測定するには、試薬や試験紙、測定機器があります。

試験紙の場合は、価格も安く手軽に測定出来ますがその精度自体は…

試薬の場合は、試験管等に試薬を数滴垂らして、30秒や60秒程まってから比色表と比較してpHを測定します。

価格も割りと安く、測定精度自体も高めです。

 

測定機器の場合は、価格は若干高くなりますが、手軽にpHを測定出来、精度も0.1刻みで測定できます。

 

pHメーター

iconicon
自分は、pH測定をするためにハセップ ポケットデジタルpHメーターiconを使用しています。

1点校正タイプのpHメーターですが、pHを0.1単位で測定出来るのでとても便利に使えています。

やはり、たまに校正液で7.0の校正をしてあげないといけませんが、それ以上に何回でも測定出来るのでpHを何度も測定する頻度が多い場合にはオススメです。

 

pH測定試薬

iconicon
テトラテスト ペーハートロピカル試薬icon
試験管などに水槽水を入れて、試薬を滴下してその変化した色でpHがどれ位かを判断します。

値段も1,000円程度と安価で50回程度測る事が出来ます。

 

pH測定試験紙

iconicon
pH測定試験紙のテトラテスト 試験紙pHiconです。

価格も1,000円以下と安く、手軽にpHを測定する事が出来る試薬紙です。

ただし、細かい数字までは測定出来ないので大体pHがこれ位だという感じで把握するのに向いてます。

 

まとめ

水槽の水質をチェックする上で、とても重要になってくるのpH。

このpHの値が弱アルカリ性よりだと、コケの発生原因になったり、逆にアクアリウム上での弱酸性の範囲を超えてくると生体やろ過バクテリアへの影響も出たりします。

そこで、自分の水槽環境における水質が原因で生体や水草などがダメージを受けている場合などは、pHをチェックして対策方法や対処方法などを見つける事も出来ます。

スポンサーリンク