スポンサーリンク

ルリーシュリンプ

アクアリウムでコケ取り目的や鑑賞目的に水槽内に入れるエビは数多くいます。

ヤマトヌマエビやミナミヌマエビなどは、コケ取り目的で水槽内に入れたり、逆にレッドビーシュリンプやチェリーシュリンプなどは、鑑賞目的で水槽に入れたりします。

その鑑賞目的などで水槽に入れる機会が多いチェリーシュリンプの改良品種と言われている、体の一部が透明なエビのルリーシュリンプ。

 

そんな、透明な体に赤のコントラストが綺麗なルリーシュリンプを紹介します。

 

スポンサーリンク

ルリーシュリンプ

学名

Neocaridina denticulata sinensis var.
Neocaridina heteropoda var.

 

別名

琉璃蝦、リリーシュリンプ

 

大きさ

オスの方が小さく最大2cm程度。

メスはオスよりも一回り大きく、最大3cm程度。

 

ルリーシュリンプの好みの水質・水温

水温 20~25℃
pH 弱酸性~中性
生息 淡水域

ルリーシュリンプのみだけでなく、エビ全般にいえるのですが急激な水温・水質の変化には弱いです。

また、水槽で飼うエビに共通して高水温には弱い面があります。

夏場などで、水温が28℃を超えた辺りから、ポツリポツリと落ちていく個体が増えます。そこで、水温の管理が重要になってきます。

水槽の水温を下げる方法のまとめ 高水温を冷却する。
水槽の水温が28℃を越えてくると、飼育している熱帯魚や高水温に弱い水草(特にシダ系)にダメージを与えてしまいます。 そこで、いかにして水槽の水温を下げるかが夏場の水槽

 

また、水温が高くなった場合には、エアレーションをしっかりして水槽内の溶存酸素濃度を確保してあげれば、水槽の水温が28℃を超える日が続いてもそこそこ大丈夫です。

水槽のエアレーションについて考えてみる
熱帯魚飼育をする上で水槽内の溶存酸素量を高める為に必要なエアレーション。 どの様にエアレーションを行えば水槽内に酸素を充満させられるのかまた、エアレーションをする目的

 

また、熱帯魚よりアンモニアや亜硝酸、硝酸塩濃度に弱いため、先に影響が出ます。

pHに関しては、弱酸性~弱アルカリ性まで幅広く順応してくれます。

ただし、水槽への導入時は水質の変化に弱い面があるので、導入する水槽の水に慣れさせる水合わせ時間を掛けてする必要があります。

 

ルリーシュリンプのコケ取り能力

体の大きさからコケ取り目的として水槽に入れるには、相当数を入れないとその効果を体感出来ないかもしれません。

30cm水槽で20匹程度入れておくと、コケ発生の予防にはなる位です。

コケた大量に発生した状態だと、この匹数では全然足らないでしょう。

 

ルリーシュリンプの寿命

ライフサイクルが短いです。大体、1~2年程度。

エビに寄生する寄生虫がいます。この寄生虫の影響で寿命を迎える前に死んでしまう事もあります。

淡水エビを宿主にする寄生・共生している虫!その種類や駆除方法など
水槽で飼育する淡水エビの種類は数多くいますが、そのエビを宿主とする寄生虫も思いの外います。 そこで、今飼育しているエビに寄生虫が発生したのを機に色々調べてみました。

 

ルリーシュリンプの繁殖

繁殖力が強く、また、淡水水槽内で繁殖させる事が出来るエビです。

その中には必ずといっていいほど、抱卵した個体を見る事が出来るでしょう。

親エビをも捕食するような熱帯魚と一緒じゃなければ、稚エビの隠れ家(ウィローモスやマツモといったような水草)を用意して、10匹位水槽に入れておけば稚エビを見る事が出来るようになるでしょう。

 

ただ、熱帯魚等にとって稚エビは恰好のエサとなってしまいますので、繁殖を目指す場合には一緒に魚等を飼わない方がいいでしょう。

 

雑食性の為、ルリーシュリンプへの特別な餌等は必要ないでしょう。

もし、他に熱帯魚等を飼っている状態なら熱帯魚に与えた餌の残り等を食べて処理してくれます。

餌の与えすぎによって水槽水が汚れる方が困るので、餌を与えるなら少量の方がいいでしょう。

 

ルリーシュリンプのまとめ

iconicon
水槽内で繁殖もして、透明な体と赤のコントラストの見た目が綺麗なルリーシュリンプicon

コケ取りエビとしての能力は、相当数入れないと効果を実感しずらいですが見た目が綺麗なので、水槽内に多目にいてもそんなに気にならないでしょう。

飼育難易度は、ミナミヌマエビと比べると少し高いかもしれませんが、水温や水質の急変に注意しておけばそこまで難しくはないでしょう。

 

それでわノシ

スポンサーリンク