スポンサーリンク

テトラバリューエックスパワーフィルターVX-75

こんにちは、ブラックコーヒーです。

アクアリウムメーカーのテトラ社から販売されている60cm水槽に最適な外部フィルター、テトラバリューエックスパワーフィルターVX-75の使用感などをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

外部フィルターvx-75

tetra_vx75

 

製品データ

製品名 テトラ バリューエックスパワーフィルターVX-75
本体寸法 幅210mm×奥行210mm×高さ340mm
定格電圧 100v
定格周波数 50/60Hz共用
定格消費電力 9/11W
適合水槽 60~90cm(水量60~150L、淡水・海水用)
流量(毎時) 660L/780L
最大揚程 1.5m
ろ過槽容量 5.8L
ろ材コンテンナ 1L×3個
付属ホース 内径12mm/外径16mm、約1.5m×2本
付属ろ材内容 ・VXウールマット
・VXブラックスポンジ2枚
・VXアンモニアダウン
・セラミックカーボン
・バイオグラスリング
1ヶ月の電気代 約142.6円/約174.2円 ※1kw=22円計算

 

付属製品をセットした水槽

60cm水槽

付属の吸水・排水パイプが黒いので少し目立つかもしれません。

吸水ストレーナーには、スポンジが付属していないので稚エビや稚魚などがいる場合は別途スポンジを購入して取り付けた方がいいでしょう。

 

使用感

tetra_vx75_2

写真の様にろ材コンテナが3個ついています。

このコンテナに付属のリングろ材やスポンジろ材などをセットしていきます。

自分は、下段にスポンジろ材→リングろ材1L、中段に別購入のリングろ材1L、上段にパワーハウス社のリングろ材1Lという構成で使用しています。ウールマットは除いているのでほぼ生物ろ過という構成です。

 

今現在、この製品を2台使用していますが水漏れ等は起こっていません。

稼動音についてですがほぼ気にならないレベルの音です。フィルターを掃除した後、呼び水する際に空気がフィルター内に入ってしまった場合にプシャーって音がしますが、しばらくしたら空気が抜けて音がしなくなります。

 

どうしても空気が抜けない場合、少しフィルター本体を揺すると空気が抜けていきます。

強い水流を嫌う熱帯魚などを飼っている場合など、流量を調節出来るレバーが付いているのが何気に便利です。あまりにも流量を絞りすぎるとフィルター本体に負荷が掛かりすぎてポンプにダメージを受けるかもしれませんが。

あと、本体とホースの接続部分が取り外せるのでフィルターを掃除をする時は、楽にホースを取り外してフィルターを掃除出来ます。

 

また、ホースの接続部分が回転するので好みの方向に向けて配管する事が出来ます。この機能があると水槽台内でパイプを取り回す時に結構役立ちます。

フィルター掃除後に本体を閉める際に蓋を押し込むのに少し力がいります。あと、ホースユニットを取り付ける際に本体側のツメをずらして固定するのですがホースユニットがきちんと押し込めない場合があります。

 

水槽用フィルターの役目

水槽用フィルターには、色々な役目があります。

そのフィルターの種類によって、同じろ過でも目的が違ってきます。

水槽用フィルター・ろ過器の種類・特徴・目的別の選び方!
アクアリウムをする上で欠かせない器具の一つに挙げられる、水槽用フィルター(濾過器)。 水槽内の汚れた飼育水を浄化する目的で使われます。ただ、水の浄化といっても見た目の

 

まとめ

ろ過材を入れる容量が3Lあり、コンテナで分かれているのでコンテナ事に自分の好みのろ材を入れるなど色々ろ材を入れ替えたりするのも簡単に出来ます。

稼動音もほとんど気にならない音です。簡単にホースユニットが取り外せるのでフィルターのメンテナンスをする際も楽に出来ます。

実売価格5,000~7,000円程度で購入出来れば、コストパフォーマンスに優れた60cm用の外部フィルターではないでしょうか。

 

 

テトラ VX-75

購入時の価格 円(税込)4,980
テトラ VX-75
7.3

ろ過容量

8/10

    メンテナンス性

    8/10

      静穏性

      7/10

        流量

        7/10

          製品サイズ

          7/10

            良い点

            • ろ材容量他メーカの同等品と比べて大きい
            • ホースユニットで簡単にホースを取り外せる
            • 音が静か
            • メンテナンスがしやすい
            • コスパに優れている

            悪い点

            • 掃除した後の取り付けが少し面倒
            • ろ材コンテナがずれていると蓋がしまらない
            スポンサーリンク