水槽の水換えを簡単にしてくれるコック付きバケツ!

水換えを簡単にしてくれるコック付きバケツ メンテナンス
この記事は約4分で読めます。

アクアリウムをする上で、必ず必要になってくる作業に水槽の水換えがあります。
水槽から水を抜く作業自体は、ホースなどを使ってサイフォンの原理を利用してバケツなどに排水出来ますが、水槽に水を入れる作業自体は中々疲れる作業です。

自宅にアクアリウム用の浄水器などを持っている方などは、そのまま水槽に水を入れていく事が出来ますが、大体の人はバケツに水道水を入れて、カルキ抜きをしてから水槽に新水を入れていくと思います。

そのバケツに作った新水を、水槽にどうやって簡単に入れるか。
この簡単に入れるかの部分を満たしてくれるバケツが有ります。

そもそも存在自体は、数年程前から知っていましたがそこまで必要ないと思っていた所、最近60cm水槽の設置場所を変えた事により、今まで簡単にしていた新水を入れる作業が出来なくなったので、このバケツを購入してみました。

そんな、水槽の水換えを楽にしてくれるコック付きバケツを紹介します。

 

スポンサーリンク

コック付きバケツ

アクアリウムメーカーのアクアシステムから発売されているコック付きバケツ。

コック付きバケツ1L用
コック付きバケツ 1L用
水槽のなかに少しずつ水を入れたいときに便利なコック付きのバケツです。
幅10.5×奥行き10.5×高さ15cm
容量:1L
コック付きバケツ 6L用
コック付きバケツ 6L用
水槽のなかに少しずつ水を入れたいときに便利なコック付きのバケツです。
上部直径23.5×高さ23.5cm 底部直径:17cm
容量:6L

1L用と6L用が販売されていますが、今回6L用を購入しました。
バケツに1,000円程度出すのも高く感じますが、これが色々と便利に使えます。

 

コック部分

コック付きバケツの排水部分

コック付きバケツの底には、排水調整用のコックが付いています。

 

コック付きバケツの底面部分

コック付きバケツを上から見ると、底面にL字型の仕切りが見えます。
これが、このバケツのもう一つの特徴でアイデア的な部分です。

 

底面のL字

コック付きバケツの底面のL字

水槽の縁に乗せた時に、コック付きバケツが安定するように考えられています。
しっかりこのL字の部分に水槽の角の部分を当ててバケツを乗せたら、倒れる事無く安定してバケツを置けます。

 

排水量

コック付きバケツの排水量

6Lのコック付きバケツですが、実際に使う場合には5.5L程しか入れられないと思います。
満水させてしまうと、バケツを持ち上げるさいに溢してしまう可能性が高いです。
また、最後に500ml程度排水されずに底面に残ってしまいます。

これらの事を考えると、実質5Lのバケツです。

 

コック付きバケツの排水量

排水用コックを全開にして溜まっている水を排水させると、最初の方はこれ位の勢いで排水されます。
どれ位の勢いで排水されるかも重要ですが、どれ位の時間で排水されるかを測ってみました。

 

コック付きバケツの排水時間

約4分30秒で5L分を排水しました。
排水コックを調整すると、もっとゆっくり排水出来たりするので、水合わせ用に排水量を絞ってみたりと、他にも使い方は出来そうです。

 

小型水槽の水換えにコック付きバケツを使う

また、水容量の少ない小型水槽などでも、排水コックを調整して注水量を絞ったりする事が出来るので、注水を簡単に行う事が出来ます。

 

注意

このコック付きバケツの底面のL字型が多分、枠有水槽だと使えないかもしれません。
フレームレス水槽なら問題ないです。

 

まとめ

コック付きバケツ 6L用
コック付きバケツ 6L用
水槽のなかに少しずつ水を入れたいときに便利なコック付きのバケツです。
上部直径23.5×高さ23.5cm 底部直径:17cm
容量:6L

コック付きバケツを使うと、1回に水を足す時間が約5分程掛かります。
排水に掛かる時間を利用して、他の作業をする事が出来るようになりました。
無くてもそこまで困らないけど、あったら便利なコック付きバケツです。

 

それではノシ

メンテナンス
スポンサーリンク
ブラックコーヒー

2012年夏に娘が2匹のミナミヌマエビを貰って来たのが事の始まり。
アラフォーのおっちゃんです。
アクアリウムでの失敗なども記録しているので、反面教師にしてもらえば嬉しいです(笑
嫁・息子1・娘1匹と生活しています。

ブラックコーヒーをフォローする
ブラックコーヒーをフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム初心者

コメント

タイトルとURLをコピーしました