スポンサーリンク

コリドラスの食い付きがよく簡単に与えられる餌

多くの種類が存在し、コレクターも多い熱帯魚のコリドラス。

そんな、コリドラス飼育を始めたばかりの初心者の方は、コリドラス用として販売されている餌の種類も多く迷ってしまう場合があると思います。

 

コリドラスは、底物系と言われており底面にある餌をひたすら探し、砂の中に顔ごと突っ込んで餌を探す様がまた可愛いものです。

飼っているコリドラスの喜んでくれそうな餌を与えたいと思うのが、飼育者の欲求でもあり愛情でもあります。

 

今までコリドラスの餌として色々な餌を与えてきましたが、簡単に与えられてコリドラスの嗜好性が高い餌を紹介したいと思います。

そんな、コリドラスの食い付きが良く、簡単に与えられるオススメの餌です。

 

スポンサーリンク

冷凍餌

キョーリン クリーン赤虫 ミニキューブ

コリドラスの嗜好性が高い赤虫

キョーリンクリーン赤虫ミニキューブ
キョーリン クリーン赤虫 ミニキューブ
ビタミン複合体をタップリ取り込んだバイオカプセルフードです。しかも、病原菌を持ち込まないクリーンな赤虫です。
手に直接触れることなく、一つずつ取り出せる少量パックですから、給餌しやすく無駄もありません。

ほぼ全ての熱帯魚の嗜好性や栄養価が高い餌として有名なのが赤虫で、その赤虫を冷凍保存して餌として販売されています。

ただし、冷凍保存された餌になるので、必ず冷凍庫に保存しなければならないのがデメリットでもあります。

家庭用の冷凍庫に冷凍赤虫が置かれているという部分で家族の理解が得られれば、コリドラスの餌として一番嗜好性が高い餌になるのでオススメです。

 

冷凍保存された赤虫を解凍するさいに発生するドリップがよく飼育水を汚すと言われていますが、コリドラスの食べ残しの赤虫をそのままにしていると飼育水を汚してしまう事の方が問題です。

飼育魚の嗜好性抜群の餌、冷凍赤虫は飼育水を汚すのか?
飼育魚の餌の中でも抜群の嗜好性で、人工餌も食べないような飼育魚でも冷凍赤虫なら必死になって食べてくれる事が多いです。 しかし、この飼育魚にとって嗜好性抜群の冷凍赤虫は

 

今回紹介している冷凍餌のクリーン赤虫ミニキューブは、赤虫の量を少量に抑えたミニキューブタイプになっているので、飼育しているコリドラスが少数の場合でも給餌量をコントロールしやすいのが特徴です。

冷凍赤虫の与え方は、カップなどの容器に飼育水を入れて、その中に冷凍赤虫を1パック入れ解凍された赤虫をスポイト等で吸い取り、コリドラスがいる底面にゆっくりと落とします。

大体、1回の給餌でコリドラス5~6匹に対して、1キューブ与えています。

給餌量は、コリドラスの大きさや種類などによって変わってくるので、最初は少量ずつから与えて様子を見ながら増やしていった方がいいです。

 

フリーズドライ天然飼料

キョーリン ビダミン糸ミミズ

キョーリンフリーズドライ糸ミミズ
フリーズドライ天然飼料 Hikari 糸ミミズ
嗜好性が高いビタミン添加の天然飼料です。
配合飼料には見られない、抜群の嗜好性とビタミン添加による栄養バランスにも優れたフリーズドライ糸ミミズです。

天然の糸ミミズをフリーズドライにした天然飼料で、コリドラスの嗜好性も高いです。

プロッグ状にカットしてあるので、給餌量をコントロールしやすいのも特徴です。

そのままこの餌を与えると、水中に浮いてしまうので給餌には一工夫が必要です。

 

シリンジに飼育水を含み、このブロックを入れて強制的に水を含ませるようにすると底面まで沈下してくれますが、給餌の度に毎回シリンジを使うのが面倒なところ。

そこで、このフリーズドライになった糸ミミズを底面まで運んでくれるバスケットを使うのが、手っ取り早い方法です。

もぐもぐバスケット
Hikari マグネット式もぐもぐバスケット
水中に手を入れることなくマグネットの力で水槽の側面を移動しながら底層へ!
荒目のバスケット形状ですのでエサを取り出しやすく、きちんと与えることができます。

底面まで確実に餌である糸ミミズを運べますが、水槽のガラス面側とマグネットの部分に底砂を噛んでしまうと、ガラスに傷が入ってしまうことがあるのが注意しないといけない点です。

 

人工飼料(沈下性タイプ)

ニチドウ プレミアムフード メディコリドラス

ニチドウ プレミアムフード メディコリドラス

ニチドウ プレミアムフードメディコリドラス
ニチドウ プレミアムフード メディコリドラス 沈下性
コリドラスの習性と食性を研究して開発された、コリドラス専用フードです。
本品は沈下性で、コリドラスが食べやすい形状です。
コリドラスの食性に合わせた動物性原料をバランスよく配合しました。

人工飼料の中でもコリドラスが一番に食い付きがいいのが、このニチドウ プレミアムフード メディコリドラスです。

顆粒で沈下性の餌で、この餌を水槽内に落とすとコリドラス達がワラワラと集まってきます。

若干、水槽内で崩れやすいですが、粉々になって跡形が無くなってしまうのでは無く、適度な大きさに崩れてしまう感じです。

 

水面に浮かんでいるメディコリドラス

沈下性の餌ですが、水面にそって落とすとしばらく水面に浮いています。

ピンセットやスポイト等で餌が浮いた水面部分をかき混ぜると、すぐに底面に落ちていきます。

大体、1回の給餌でコリドラス5~6匹に対して、付属スプーン半分以下の量を与えています。

 

キョーリン ひかりクレスト コリドラス

ひかりクレストコリドラスのタブレット

ひかりクレストコリドラス
キョーリン ひかりクレスト コリドラス
コリドラスのための専用飼料です。
従来1粒で体長4cm程度のコリドラス4~5匹に適したサイズだったものをリニューアルし、新たに約半分の重量で2~3匹のコリドラスが食べれるサイズ(6.5~7.5mm)に仕上げました。

コリドラス用の人工飼料として有名なキョーリン ひかりクレストコリドラスです。

タブレット状の餌で、水槽内に撒くとすぐに底面に沈下していきます。

時間が経ってもタブレットが崩れにくいのが特徴で、コリドラスがひたすら突いて食べようとしている姿が見られます。

 

タブレット1個でコリドラス2~3匹の給餌量になりますが、崩れにくいので与えるさいにはタブレットを割ってから与えるようにしています。

嗜好性が格段にいいとは言えませんが、コリドラス全般的には食べてくれる人工飼料です。

タブレットが崩れにくいので、コリドラスが突いて石や流木の隙間などに追いやってしまうことがあり、餌を与えたつもりでもそのようなことになっていないか、注意して水槽内を観察する必要があるかもしれません。

 

まとめ

コリドラス用の餌として販売されている数もかなりあり、どの餌を選べばいいかコリドラス飼育初心者の方は迷ってしまいますが、今回紹介したコリドラス用の餌は嗜好性も高く、簡単に与えられる物ばかりを紹介しました。

 

冷凍赤虫が一番のオススメですが、保存方法が最大のネックになるので、一番手軽に与えられるいう点では人工飼料のメディコリドラスがいいと思います。

 

それではノシ

スポンサーリンク