スポンサーリンク

水草水槽ならソイルが最適!

水槽の底床材は、大磯砂や田砂などが考えられますが、やはり水草水槽となるとソイルしかないと思います。

決して大磯砂などでは、水草が育てられないわけでは無く、通常の水草が好む弱酸性の軟水環境を簡単に得やすくなるので、水草の育成難易度が大幅に下がるのがソイルを選択する理由になると思います。

 

そこで、水草水槽をする上で底床材として欠かせないソイルの特徴や初心者におすすめのソイルを紹介します。

 

スポンサーリンク

ソイルの特徴

土である事に変わりはありませんが、その形態が園芸用の土などとは異なり、丸い粒になっています。

実際の土を焼成加工して粒上にして、水槽内に入れても水中に舞いにくくなっています。

また、粒状になっている事によりソイル同士の間にも隙間が生まれて、ソイル内でも通水性を確保しやすくなっています。

 

そして、何よりもソイル自体に水草を生長させる栄養を含み、また、水槽の水質を弱酸性の軟水環境へ傾けてくれる作用がある事が一番の特徴です。

多くの水草が生長しやすい水質である弱酸性の軟水環境へ、ソイルを底床材として用いる事で割と簡単に実現出来る事が水草水槽をする上でその難易度を下げてくれます。(硬度が必要な水草だと逆に調子を落とす場合があります。)

 

ソイルを底床材に用いるメリットとデメリット

ソイルを水槽の底床材として用いる上で、メリットとデメリットがあります。

デメリットを十分理解した上でソイルを底床材に用いる事で、それ以上のメリットを得られます。

 

ソイルを使用するメリット

  • 水質を弱酸性の軟水に傾けやすい。(全てのソイルがこの作用を持っている訳ではありません)
  • 水草を生長させる栄養分を含んでいる。
  • 生体に有害なアンモニアや亜硝酸を吸着してくれる。
  • 形状が多孔質な物が多い為、バクテリアや微生物をソイル自体に着生してくれる。
  • 流木などのアクや水中の不純物、水の濁りを吸着してくれる。

この様な形でソイルの底床材として用いると多くのメリットを得る事が出来ます。

 

ソイルを使用するデメリット

  • 粒が崩れてくると、ソイルのメリットを得にくくなる。
  • 底床材として用いると、底床の掃除がしにくくなる。(激しく掃除をすると粒が崩れてしまう為)
  • 半永久的に底床材として使用する事が難しい。

この様な形でソイルにもデメリットが有ります。

特にソイル自体の扱いを雑にすると、ソイルの粒が崩れて寿命を迎える時期が早まる事になります。

 

ソイルの種類

一般的にソイルは、2種類の系統に分類されます。

ソイル自体が有害物質や水中の栄養を吸着しやすい”吸着系ソイル”と、水草の生長に必要な栄養をたっぷりと含んだ”栄養系ソイル”の2種類になります。

 

吸着系ソイル

水中の有害なアンモニアや亜硝酸を吸着しやすく、水槽立ち上げ後も白濁りが収まりやすいのが吸着系ソイルの特徴です。

栄養自体も、もちろん含んでいるのですが、それ以上に水中の栄養素をソイルに吸着しやすい性質を持っています。

ただし、その有害な物質を永久に吸着してくれるのでは無く、限界を迎える時期がきます。

 

特にこの吸着の限界時期がくると、逆に吸着していた物を溶解し始めて、水質が変わる事が多く、エビブリーダーの方などからは、”ブレイクする”と言われています。

実際に、2~3か月程度でこのブレイク時期を迎える事が多いです。

プラチナソイルブラック 約3ヶ月後のpH弱酸性効果を検証
こんばんは、ブラックコーヒー(@blackcoffee55)です。 水槽内のpHやKHを引き下げ弱酸性の軟水環境を作る吸着系ソイルとして有名なプラチナソイル。

 

吸着系ソイルを底床材として用いる場合には、栄養自体が少な目な為固形肥料を施肥する必要があります。

しっかりと、固形肥料を施肥する事で栄養系ソイル並みに水草を育てる事も出来ます。

何よりも水槽自体の立ち上げ易さが一番の特徴で、初めてソイルを使う方などはこの吸着系ソイルから始める事をオススメします。

 

栄養系ソイル

ADAのアマゾニアなどが代表的になる、栄養系ソイル。

吸着系ソイルと比べると、水草の生長に必要な有機物を多く含んだソイルになります。

ソイル自体は多少なりとも吸着作用がありますが、その吸着が限界に近い状態な為立ち上げ直後がすでに先程の”ブレイク時期”になっています。

 

このブレイク時期が立ち上げ直後な為、1週間程度はアンモニアや亜硝酸を放出しやすい状態で、また、栄養自体も過剰に水中に溶解していくので毎日水槽の水を1/2程度換える、集中換水が必要となってきます。

この毎日水換えを行う事自体が大変な作業なので、初心者にとってはつらい作業になるかもしれません。

 

しかし、この集中換水をしっかり行うとソイル自体に含まれる豊富な栄養素のおかげで水草の生長に違いが見られます。

また、有機物を多く含むので水槽内のバクテリアの繁殖自体も早くなります。

 

おすすめのソイル

プラチナソイル(吸着系ソイル)

ジュン (JUN) プラチナソイル ブラックタイプ ノーマル 8L
国産天然黒土100%使用で、水草・ビーシュリンプ飼育に最適な弱酸性軟水の環境を長期維持します。粒が大きので稚エビの隠れ場所としても最適。

商品名 プラチナソイル
 種類 ブラック、ブラウン
 粒サイズ  ラージ・ノーマル・パウダー・スパーパウダー
 pH  ブラックpH5.14/ブラウンpH6.06
特徴 ブラックタイプは、弱酸性タイプで立ち上げ初期から水がクリアになりやすくとても扱いやすいソイルです。

また、ブラウンタイプは中性タイプです。

価格も安く、コストパフォーマンスに優れたソイルです。特に初心者におすすめのソイルです。

 

マスターソイル HG(吸着系ソイル)

ジュン (JUN) マスターソイル HG パウダー 8L
流木から出る色素を強力吸収、弱酸性の軟水環境を作ります。透明度の高い水を長期維持し、特にビーシュリンプの飼育では安定した飼育環境が長期間維持されます。

商品名 マスターソイル
種類 ブラック、ブラウン
粒サイズ ノーマル・パウダー・スパーパウダー
pH ブラック・ブラウンpH6程度
特徴 プラチナソイルを販売しているJUNの製品。

価格も安く、粒も崩れにくくプラチナソイルと同じ位、おすすめなソイルです。

 

コントロソイル(吸着系ソイル)

マーフィード 水質調整底床 コントロソイル ノーマル 10L
不純物が少なく、セット初期の濁りが発生しにくく、水質の安定が早い等の特徴を持ち、水草~熱帯魚、ビーシュリンプ水槽まで幅広い用途に使用できるソイルです。

商品名 コントロソイル
粒サイズ ノーマル・パウダー・スパーパウダー
pH pH5.5程度
特徴 価格重視で選ぶならこのソイルが安いです。

吸着系ソイルでも有名なソイルで、大量にソイルが必要な場合などにもおすすめです。

他の吸着系ソイルより、若干粒が崩れやすい印象。

 

水草一番サンド(栄養系ソイル)

ジェックス 水草一番サンド 8kg
水草の根がぐんぐんよく伸び、バクテリアが繁殖、定着しやすい。栄養素がゆっくり溶け出し水草が吸収し成長します。バクテリアも繁殖しやすい粒形状です

商品名 水草一番サンド
粒サイズ ノーマル
pH pH6.5程度
特徴 栄養系ソイルの中でも栄養分が豊富で有名なソイル。

ヨウリン酸、硫酸カリを含んでいるのが特徴的で、水草の根が触れる事で必要な栄養を溶解する。

他のソイルと違いpHが中性付近を維持するのも特徴。

セット初期に多少の換水が必要な事も。

 

ADA アクアソイル・アマゾニア(栄養系ソイル)

ada アマゾニア

商品名 ADA アクアソイル・アマゾニア
粒サイズ ノーマル、パウダー
pH 5.5程度
特徴 栄養系ソイルでは有名。

価格が高いがそれだけのパフォーマンスがある。

ネット販売されていないので、ADA特約店で購入する必要がある。

セット初期の集中換水を怠ると、豊富な栄養分がコケを発生させるが、しっかりと集中換水出来れば文句無しに水草が生長してくれる。

 

まとめ

水草を育成をする上で欠かせない底床材のソイル。

そのソイルにも吸着系と栄養系のソイルがあり、育成する水草の種類によってソイルを使い分ける必要があります。

また、ソイル全般的に水槽の水質を弱酸性の軟水環境にしてくれる為、その水質環境を好むカラシン類などの生体の状態も良くなるでしょう。

 

吸着系ソイルは、セット後2~3か月後にブレイク時期が訪れるのでその頃に水質が変化する事も。

また、栄養系ソイルはセット初期に集中換水が必要。

 

しっかり、ソイルの特徴やメリット・デメリットを把握しておけば、水草育成の難易度を下げてくれます。

また、栄養系ソイル+吸着系ソイルという使い方なども出来、単純にソイルを使うといっても奥が深いです。

自分の水槽の環境に合ったソイルを見つけるのも、一つの楽しみではないでしょうか。

 

初めてソイルを使うなら、吸着系ソイルのプラチナソイルをおすすめします。

 

それではノシ

スポンサーリンク