30cmキューブ水槽に底面式フィルターで水草水槽を立ち上げた!

30cmキューブ水槽に底面式フィルターで水草水槽を立ち上げた! 30cm水槽
この記事は約5分で読めます。

こんばんは、ブラックコーヒー(@blackcoffee55)です。約6カ月前に底面式フィルターを使用して、既に立ち上げていた30cmキューブ水槽。

色々と実験したり、確かめてみたりするための水槽でしたが、せっかく底床材としてソイルを使っていたので、水草を植えて水草レイアウト水槽にしようと思い立ち上げてみました。

底面式フィルターを使用しているので、水草を植えると底面フィルターの目に水草の根が絡まり、最終的には目詰まりを起こし流量が低下して、底面式フィルター機能が低下する可能性が高いので長期維持は目指していません。

また、既に水槽を立ち上げて約6カ月経過しているので、ソイルの水質を弱酸性に傾ける効果も弱くなってくるので、水槽維持期間は5~6カ月程度の予定です。そんな、30cmキューブ水槽に底面式フィルターで水草水槽を立ち上げた!です。

スポンサーリンク

ニューラージパールグラスの水上葉を植栽

ニューラージパールグラスの水上葉

室内に置いてある水草の水上葉育成水槽で、鉢にこんもりと生長したニューラージパールグラスの水上葉です。途中、どこから迷い込んだのか分かりませんが、芋虫に一部食べられ枯れたりしましたが、立派に生長してくれました。

 

ニューラージパールグラスの水上葉

鉢にはソイルを入れていましたが、結構底深く根を張っている状態です。小さい塊になるように手でちぎりながら、いくつもの束を作っていきます。本来なら、この時に枯れた部分などを取り除いていった方がいいです。

 

メネデールに水草の根を浸す

水草を新しく植えるさいに、傷みやすい根の部分をメネデール原液を100倍に希釈した物に2~3時間程漬けておくと、植栽後の生長が良くなると言われています。

メネデール水草の活力素
メネデール 水草の活力素
鉄分を水草が吸収しやすい二価鉄のイオンの形で含むイオン水です。
水槽に添加することで赤系の水草を鮮やかにしたり、また植えなおしやトリミングの時に浸すことによって植物の傷ついた部分を保護する働きもあります。

 

これは、アクアリウム用として販売されていますが、園芸用のメネデールでも成分は同じとも言われています。また、水草のサプリメントとして1週間~10日に1回メネデールを添加すると、水草の生長具合が変わるので今後水槽内に添加していく予定です。

 

ニューラージパールグラスの水上葉をメネデールに

枯れている部分などをもっと選り分けたらいいのですが、ちょっと面倒だったので。

ちなみに、メネデールの主成分は鉄と言われており、この鉄が不足すると根の発育が悪くなると言われています。

また、この鉄分を水槽内に添加すると…ちょっと長くなりそうなので、その事はまた別の機会に。

 

30cm水槽の水草植栽環境

30cmキューブ水槽にニューラージパールグラス

底面式フィルターエアーリフト式の水槽に、ニューラージパールグラスを植栽していきます。底床材として使用しているソイルは、吸着系ソイルのプラチナソイル ブラック ノーマルタイプです。

既に6カ月使用していますが、普通の使い方をしていると弱酸性効果がすでに弱くなっている頃ですが、底面フィルターを使用しているので底床材全体にしっかりと水槽水が通水するためか、100%ソイルの効果を発揮出来ているので、まだまだその効果は続きそうです。

また、底面式フィルターのエアーリフト式だと、エアレーションを常時している水槽になるのでCO2(二酸化炭素)の強制添加は意味が無さそうに見えますが、水槽水のpHをしっかり下げてくれます。

現状、照明点灯前のpHが6.8で、照明消灯直前のpHが6.0です。また、KH(炭酸塩硬度)が1.0dH°、GH(総硬度)が1.5dH°です。

水槽の水質などに関しては、下記記事を参考に。

 

ニューラージパールグラスを植栽

ニューラージパールグラスを水槽に植栽

ソイルにニューラージパールグラスの水上葉を植えていきますが、1束の大きさをもっと小さくしておけば良かったと後悔。ちょっと大きすぎてソイルから浮いてしまうのを、幾度と無く植え直すはめに。

 

ニューラージパールグラスを植栽した30cm水槽

枯れている部分をしっかりとカットしておけばもっと小さい束にでき、植栽した後の見た目ももっと綺麗になったかもしれません。

 

30cmキューブ水槽に植栽

照明器具は、GEXリーフグロウを使っています。

水草が植栽後ソイル中に根を張り、水上葉から水中葉に展開するのに1~2週間程かかるので、その間、水槽水中の栄養分を積極的に吸収してくれないと考えいます。しっかりとソイル中に根を張り、水中葉に展開しだした頃に高光量の照明器具に変えれば、コケの発生を極力防げます。

1週間~10日経過した頃に、照明器具は変える予定です。もちろん、液体肥料もその頃から添加していきます。

30cmキューブ水槽データ

30cmキューブ水槽データ

水槽立ち上げ日 2018/04/15
水草植栽日 2018/10/23
水槽サイズ Do!aqua 30cmキューブ水槽
照明 GEX リーフグロウ
光束 300lm 点灯時間 17:00~25:00(8時間)
フィルター 底面式フィルター
GEX マルチベースフィルター Licon
CO2 小型ボンベで強制添加 2秒1滴
水温 25℃
pH 点灯前6.8 消灯直前6.0
KH 1.0
GH 1.5
底床 ソイル
プラチナソイル ブラック ノーマルicon 3L程度
肥料
現状無し
風山石icon
生体 ルリーシュリンプ 17匹
水草 ニューラージパールグラス
ミクロソリウムSP・トライデントicon
プレミアムグリーンモス
アマゾンフロッグピット
水換え 1週間に1/3を1回

 

まとめ

2018/10/23に底面式フィルターを使用している30cmキューブ水槽に、ニューラージパールグラスを植栽していきました。ニューラージパールグラスの水上葉が水中葉に展開し、ソイル中に根を張りだした頃に照明器具を変える予定です。

早くニューラージパールグラスが絨毯化して欲しいものです。
次回の記事です。

30cm水槽
スポンサーリンク
ブラックコーヒー

2012年夏に娘が2匹のミナミヌマエビを貰って来たのが事の始まり。
アラフォーのおっちゃんです。
アクアリウムでの失敗なども記録しているので、反面教師にしてもらえば嬉しいです(笑
嫁・息子1・娘1匹と生活しています。

ブラックコーヒーをフォローする
ブラックコーヒーをフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム初心者

コメント

  1. ツノガエル より:

    過去記事のコメント失礼いたします。メネデールは生体に影響はないのではないでしょうか。主成分鉄分ならADAの液肥でも同じ効果が期待できますかね。

タイトルとURLをコピーしました