スポンサーリンク

水草育成向けLED照明に変えた30cmキューブ水草水槽!1週間

こんばんは、ブラックコーヒー(@blackcoffee55)です。
前回、30cmキューブ水槽に底面式フィルターでニューラージパールグラスを植栽して、水草水槽を立ち上げた記事を書きました。

30cmキューブ水槽に底面式フィルターで水草水槽を立ち上げた!
こんばんは、ブラックコーヒー(@blackcoffee55)です。 約6カ月前に底面式フィルターを使用して、既に立ち上げていた30cmキューブ水槽。 色々と実験した

そして、それから1週間後にはLED照明を変える予定でしたので、予定通りLED照明を変更しました。
そんな、水草育成向けLED照明に変えた30cmキューブ水草水槽です。
実際には、2018/10/28頃の記録です。

 

スポンサーリンク

使用していたLED照明

変更する迄使用していたLED照明は、GEXのリーフグロウでした。

GEX リーフグローは小型水槽用のスポット型LED照明!
アクアリウム用品メーカーのGEXから2018年2月に新しく発売されたLED照明のCLEAR LED リーフグロー。 早速、購入して設置してみましたが、見た目はなかなか

光束が300lmなので、30cmキューブ水槽では正直力不足です。
ただし、水草を植栽して1~2週間程度は、水上葉から水中葉を展開する期間なので、この水中葉を展開する期間に光量の多いLED照明を使用しても無駄に水槽内にコケを増やしてしまう考えから、このLED照明を使用していました。

光量が少ないためか、LED照明を変更する1週間で水槽ガラス面に少しだけ茶ゴケ(珪藻)が出た位でした。

茶ゴケ(珪藻)が水槽に発生する原因と対策・対処方法!
水槽を初めて立ち上げしばらくすると、水槽のガラス面や底床、水草やレイアウトの石などに茶色いコケが現れてきます。 初めて水槽を立ち上げた人にとっては、汚いコケが現れだして不

 

アクロ TRIANGLE LED GROW 300に照明を変更

アクロ TRIANGLE LED GROW 300に照明を変更

変更したLED照明は、水草育成に定評があるアクロ TRIANGLE LED GROW 300です。

アクロ TRIANGLE LED GROW300は、30cm水槽用水草育成向けLED照明!
アクロが発売しチャームで販売されている水草育成向けのLED照明、TRIANGLE LED GROW300。 水草水槽用として使用してみましたが、しっかりと水草が生長してく

光束が1,000lmの水草育成向けLED照明なので、今まで使用していたLED照明の光束から3倍以上にUPしたことになります。
水草育成向けのスペクトルなので、赤の波長が通常のLED照明に比べて多く含まれています。

 

水草育成向けLED照明に変えて気泡をつけた水草

光束が1,000lmになった影響からか、ニューラージパールグラスが気泡をつけるようになりました。
以前のLED照明では気泡をつける事は無かったので、このアクロ TRIANGLE LED GROW 300に変えた事でしっかりと光合成を行うようになったという事でしょう。

もちろん、光量が多くなる事で水槽内にコケが発生しやすくなるリスクが大きくなります。
そこで、コケ予防目的でルリーシュリンプを増やしました。

ルリーシュリンプ 透明な体に赤のコントラストが綺麗なエビ!
アクアリウムでコケ取り目的や鑑賞目的で、水槽内に入れるエビは数多くいます。 ヤマトヌマエビやミナミヌマエビなどはコケ取り目的で水槽内に入れたり、逆にレッドビーシュリンプや

 

コケ予防でルリーシュリンプを倍に増やした

コケ予防でルリーシュリンプを増やす

別水槽で自家繁殖している赤いコントラストが綺麗なルリーシュリンプを、この水槽へ23匹程追加しました。
元々、この水槽には17匹入っていたのですが、これで40匹になりました。

ルリーシュリンプのコケ取り能力は、ミナミヌマエビと同等位。
後は、ニューラージパールグラスがある程度匍匐してソイル面を埋めるまでは、水換え頻度を1週間に2回程度に増やしてコケ対策をします。

また、ニューラージパールグラスがしっかりと生長するために、自作カリウム液体肥料を3日に1回1ml添加。

自作カリウム液肥の作り方!水草の栄養補給に
水草へ与える肥料として、チッソ・リン・カリウムがありますが、水槽内ではチッソとリンは熱帯魚への餌などから供給されます。 しかし、カリウムについては水槽内へ添加しなければ、

 

現在の水槽水質

水槽水質 pH値

水槽の水質で、LED照明消灯直前でpH6.1を指しています。
CO2添加は、2秒1滴でここまでpHが下がるので問題無さそうです。

 

水槽のTDS値

水槽のTDS(導電率)は、77ppmを指しています。
水道水のTDS値とあまり変わらないです。

 

30cmキューブ水槽データ

LED照明を変更した30cmキューブ水草水槽

水槽立ち上げ日 2018/04/15
水草植栽日 2018/10/23
水槽サイズ Do!aqua 30cmキューブ水槽
照明 アクロ TRIANGLE LED GROW 300
光束 1,000lm 点灯時間 17:00~25:00(8時間)
フィルター 底面式フィルター
GEX マルチベースフィルター Licon
CO2 小型ボンベで強制添加 2秒1滴
水温 25℃
pH 点灯前6.8 消灯直前6.1
KH 1.0°dH
GH 1.5°dH
TDS 77ppm
肥料 自作カリウム液肥 3日1回1ml
底床 ソイル
プラチナソイル ブラック ノーマルicon 3L程度
肥料
現状無し
風山石icon
生体 ルリーシュリンプ 40匹
水草 ニューラージパールグラス
ミクロソリウムSP・トライデントicon
プレミアムグリーンモス
アマゾンフロッグピット
水換え 1週間に1/3を2回

2018/10/28 LED照明を変更・水換え頻度を1週間に2回に・自作カリウム液肥3日に1回1ml添加開始

 

まとめ

今回、水槽の照明をGEXのリーフグロウから、アクロ TRIANGLE LED GROW 300に予定通り変更しました。
光量が増えたことによって、ニューラージパールグラスがしっかりと光合成をしてくれているようです。

自作カリウム液肥も添加しだしたので、ここからしっかりと生長してくれるといいのですが。
もちろん、光量が増えたことでコケが発生する可能性もあるので、しばらくは水換えを1週間に2回して対処していきます。

1カ月後位には、ニューラージパールグラスの絨毯になるように。

 

それではノシ

スポンサーリンク