スポンサーリンク

トランスルーセント・グラスキャット

熱帯魚の中には体が透明な種がいますが、その中でも神秘的な透明さを魅せてくれて不思議な印象を与えてくれるトランスルーセント・グラスキャット。

特に子供達にはとても不思議な熱帯魚に見えていつまでも群泳している姿を眺めています。

そんなトランスルーセント・グラスキャットを紹介します。

 

スポンサーリンク

トランスルーセント・グラスキャット

学名

Kryptopterus bicirrhis

 

通称

トランスルーセント・グラスキャット、グラスキャット

 

大きさ

最大8~10cm程度になります。

 

好みの水質

水温 20~27℃

水質 弱酸性~中性

 

遊泳・群泳性

トランス・ルーセントグラスキャット

あまり活発に泳ぐ種ではありません。また、飼育数が少なければ日中物陰に隠れるようにしています。

しかし、複数飼いすればよく群れて水槽中層付近をゆったりと泳いでいます。

 

性格

非常におとなしい性格で他魚に攻撃を加えるような種ではありません。混泳に向いた種です。

ナマズの仲間でそこそこ大きくなる為口に入るサイズの種は食べてしまう事があるでしょう。

しかし、積極的に捕食するような事はありません。稚エビ等は食べられてしまうでしょうが。

 

また、昼間はあまり活発に活動せず夜間行動する夜行性です。

 

寿命

大体3~5年位です。

 

人工飼料や冷凍赤虫などなんでも食べます。

日中はあまり餌を食べようとしない事があります。出来れば夜、照明を消灯させた直後に給餌したらかなりの勢いで餌を食べてくれます。

また、大食漢なので餌の量が少なく痩せさせないように注意したほうがいいです。

 

混泳について

トランスルーセント・グラスキャット

 

先程の性格の部分でも触れましたが、非常におとなしい性格の種ですので、混泳させる種が同程度の性格であれば十分混泳させる事が出来ます。

 

飼育する上での注意点

白点病に掛かりやすい種の為、新たに水槽に導入する際は、しっかり水合わせを行って下さい。水温の急変などには注意した方がいいでしょう。

また、日頃の水換えを行う際もある程度慎重に行った方がいいでしょう。

 

飼育水が汚れてきたりすると、透明な体色が白濁りしてきます。その際は、水換えをしっかり行いましょう。

また、体調を崩したりするとやはり体色が白濁りしてきます。

水質の急変に注意して飼えば、そこまで神経質になる必要はありません。

 

まとめとして

icon
icon
↑画像をクリックするとチャームの販売ページになります。

透明な体色で水槽中層付近を群れて泳いでくれるトランスルーセント・グラスキャット。

水質の急変に注意して飼えば、丈夫な種です。

 

もし、飼育されるなら是非複数匹導入される事をオススメします。

また、子供達にもその透明な姿が魅力的に見えるみたいで非常に興味を示してくれます。

 

それでわノシ

スポンサーリンク