トラブル・コケ

水草水槽でCO2添加をしないなら照明点灯時はエアレーションをした方がいい!

もし、水草が入っている水槽で照明点灯時に水面が揺れないような状態なら、pHが上昇してコケが水槽内の二酸化炭素を消費しやすくなるのでエアレーションを行って、二酸化炭素を少しでも供給した方がいいです。 もちろん、CO2を強制添加している場合にはエアレーションをしない方がいいですが。
2019.03.18 1
陰性水草60cm水槽

フィルターメンテナンスをした陰性水草水槽

この水槽は、コケ等があまり生えてきていないのでメンテナンスが楽なのをいい事に、ガラス面の掃除や給排水パイプの掃除などもほとんどしていない状態でした。約5か月程ほったらかしにしていたみたいです。 流木に黒髭コケが見られるようになったので、今回外部フィルターのメンテナンスを行いました。
2019.03.18 0
雑記

熱帯魚の目線で水槽内を撮影できる赤外線コントロール潜水艦!

水槽内を熱帯魚目線で動画・静止画撮影が出来る、赤外線コントロールの小型潜水艦型のオモチャのサブマリナーカメラ。2016年4月28日にバンダイの子会社CCPより発売されています。潜水艦型という事で、水槽に浮かべるだけでなく潜水・浮上も出来るとても面白そうなオモチャです。
2019.03.18 0
スポンサーリンク
トラブル・コケ

淡水エビを宿主にする寄生・共生している虫!その種類や駆除方法など

水槽で飼育する淡水エビの種類は数多くいますが、そのエビを宿主とする寄生虫も思いの外います。そこで、今飼育しているエビに寄生虫が発生したのを機に色々調べてみました。そこで、淡水エビを宿主にする寄生虫!その種類や駆除方法などです。
2019.03.18 0
60cm水槽

コケって心が折れそうになってきた60cm水槽 38日目

黒髭苔等が目立ってきたので外部フィルターをメンテナンスしましたが、今度は緑藻がガラス面やレイアウト素材の石、前景草のニューラージパールグラスに付いてきたので、それらの対処を行ってみました。そんな、コケって心が折れそうになってきた60cm水槽 38日目です。
2019.03.18 0
エビ

ルリーシュリンプ 透明な体に赤のコントラストが綺麗なエビ!

アクアリウムでコケ取り目的や鑑賞目的に水槽内に入れるエビは数多くいますが、鑑賞目的で水槽に入れたりする機会が多いチェリーシュリンプの改良品種と言われている、体の一部が透明なエビのルリーシュリンプ。そんな、透明な体に赤のコントラストが綺麗なルリーシュリンプを紹介します。
2019.03.18 0
60cm水槽

外部フィルターのメンテナンスをした60cm水槽 31日目

外部フィルターの排水量が落ち、また、レイアウト素材の石に黒髭コケが付き出したので今回、それらに対処するために外部フィルターのメンテナンスを行いました。自分の中での外部フィルターのメンテナンスをするタイミングは、黒髭コケが水槽内に発生しだした時となっています。
2019.03.18 3
60cm水槽

後景水草のトリミング・差し戻しをした60cm水槽 23日目

後景に植えていたグリーンロタラの水上葉から水中葉が展開しだした状態でしたが、それから約2週間経つと完全に水中葉が生長しだして、脇芽も透明感の有る水中葉を展開し、水面まで到達しました。そこで、今回後景のグリーンロタラのトリミングを行いました。そんな、後景水草のトリミング・差し戻しをした60cm水槽 23日目です。
2019.03.18 2
60cm水槽

水上葉から水中葉に展開しだした60cm水槽 10日目

こんにちは、ブラックコーヒー(@blackcoffee55)です。 60cm水槽をリセット立ち上げをして、10日程経ちました。 後景用の水草として、グリーンロタラの水上葉を植えましたが、その水上葉から水中葉へとだいぶ展開して...
2019.03.18 0

コウモリカノコ貝 小型水槽向けの小さいコケ取り貝

通常水槽に入れるコケ取り貝は、大きさがあり小型水槽などではその存在が目立ってしまいますが、このコウモリカノコ貝は最大でも2cm程度と小さく、特に小型水槽にはピッタリなコケ取り貝です。そんな、小型水槽向けの小さなコケ取り貝のコウモリカノコ貝を紹介します。
2019.03.18 0
60cm水槽

60cm水槽リセット立ち上げ~後景水草植栽・完成

60cm水槽リセット立ち上げに伴い、前回は前景水草の植栽を紹介しました。今回でリセット立ち上げは完成となります。前景まで植栽してあるレイアウトに後景用の水草を植栽していきます。後景に使う水草は、グリーンロタラです。そんな、60cm水槽リセット立ち上げの後景水草植栽です。
2019.03.18 0
60cm水槽

60cm水槽リセット立ち上げ~前景水草植栽

60cm水槽リセット立ち上げに伴い、前回はレイアウト水槽へ配石・注水を紹介しました。今回は、構図が決まったレイアウトに水草を植栽していきます。前景に使う水草は、ニューラージパールグラスです。そんな、60cm水槽リセット立ち上げの前景水草植栽です。
2019.03.18 0
60cm水槽

60cm水槽リセット立ち上げ~配石・注水

水草水槽レイアウトの製作過程で、今回は水槽に石を配石していきます。レイアウトの構図は凹型にします。そんな、60cm水槽リセット立ち上げの配石と注水です。
2019.03.18 0
60cm水槽

60cm水槽リセット立ち上げ~下準備・底床作り

60cm水槽をベアタンク状態にして維持してきましたが、そろそろレイアウトを行おうと思っていた所、まるまる1日時間がとれる日が出来たので、60cm水槽をリセットして水草レイアウトを行いました。レイアウトの構図は凹型にします。そこで、60cm水槽リセット立ち上げの下準備と底床作りです。
2019.03.18 0
アクアリウムTips

水草水槽へCO2添加する量や濃度などの適正値やその目安について

水草水槽をする上で欠かせない要素の一つがCO2(二酸化炭素)です。水草の図鑑等で水草が必要としているCO2の添加量として1秒何滴という形で表現されています。そこで、水槽内にCO2を添加する上で目安となる量やCO2濃度などの適正値、その目安、水槽中のCO2濃度測定方法について解説します。
2020.04.24 2
アクアリウムTips

水槽水質で重要なpHについての基礎知識!

水槽の水質管理で重要な項目であるpH(ペーハー、ピーエッチ)。飼育している熱帯魚が好みのpH適正範囲を大きく超えてしまった場合などは、調子を崩してしまったりします。ほとんどの水草が弱酸性の水質を好むなどと言われています。そこで、水槽水質を管理する上で重要なpHについての基礎知識とpH測定の方法などを解説します。
2020.03.09 0
アクアリウムTips

アクアリウムをする上で重要な水質に関する基礎知識!

水槽内の水質で知っておいた方がいい項目として、pH・アンモニア・亜硝酸・硝酸など多く項目がありますが、水槽内に問題が発生した場合には、この水質がどのように変化しているかを判断材料として対処方法を見つける事も出来ます。熱帯魚水槽や水草水槽など、特に始めたばかりの方にとって重要と思われる水質の基礎知識について解説します。
2019.03.16 0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました